業務内容

研究支援

学内外の臨床研究の支援を行っています。
研究支援については原則的に面談をさせていただいています。(メールや電話のみでの相談は原則的に受け付けていません。)研究内容を充分に理解し,良好なコミュニケーションのもとで支援をしたいと考えているからです。

以下に述べるような事項についての依頼を受け付けています。
・研究プロトコールの作成
・研究デザインの決定
・サンプルサイズ計算
・研究倫理についてのコンサルテーション
・解析
・論文査読への対処

教育

東京慈恵会医科大学医学研究科(博士課程)
博士課程において「医療統計学に関する共通カリキュラム」担当し、現在大学院生を受け入れております

東京慈恵会医科大学4年次ユニットEvidence-based Clinical Practice
医学部4年生を対象にEBM教育をしています。従来EBMと呼ばれていた概念が広く曖昧になったため,本来の意味である「診療を実践する上でいかに妥当で効率的に行うのか」すなわちEBCP (Evidence-based Clinical Practice)というユニット名としています。これは松島が参加したEBM発祥の地,カナダのMcMaster大学で行われているHow to teach EBCP workshopの方式を参考に組み上げたカリキュラムとなっています。

EBMと臨床研究セミナー
学内外からの参加者を募り,EBMと臨床研究の方法論を紹介するコースを設置しています。
EBMと臨床研究セミナーへのリンク