医療人GP

【平成22年度】生物統計コース(10回)

目 的
臨床研究を行う上で役に立つと思われる、統計学の基礎的な概念から多変量解析を解説します
この範囲は米国の公衆衛生大学院での2学期分の統計授業に相当します

日 時 平成22年11月6日(土)〜平成23年3月26日(土)
場 所 東京慈恵会医科大学
http://www.jikei.ac.jp/univ/access.html

大学1号館 4階講堂

http://www.jikei.ac.jp/univ/access_s.html
費 用
30,000円
(大学生・大学院生は20,000円)
(慈恵医大医学部学生・大学院生は無料)
講 師  松島 雅人
(東京慈恵会医科大学 臨床疫学研究室)
対 象  
医療従事者(医師、薬剤師、看護師 等)
方 法 統計ソフトウェアSTATAを使用し、データ解析の例を実際に各参加者に行っていただきます
(参加者全員が講堂備え付けのコンピュータを使用できます)
テキスト資料を配布します、英文ですが授業は日本語となります
説 明 申込み方法:申込ファイルを添付の上、メールにてお申し込み下さい。
                申込ファイルはこちら
メールアドレス:clinicalepi@jikei.ac.jp


※尚、お申し込み後1週間以内に、受領のご連絡がない場合はお手数ですが再度、ご連絡をお願い致します。

<2010年度開催予定のクリニカルリサーチコース(全10回)>

1.統計学の目的・記述統計、STATAの基本的な使い方 2010年11月6日(土)
14:00〜16:00
記述統計の手法をコンピュータソフトSTATAを用いて実践します。
2.確率と分布 2010年11月20日(土)
14:00〜16:00
統計学の理解に必要な確率の概念・公理および、特に有用な主な確率分布(正規分布・2項分布・ポアソン分布・t−検定・カイ2乗検定)を解説します。
 3.推定と検定  2010年12月4日(土)
14:00〜16:00
点推定と区間推定、検定の概念について解説し、STATAを用いて実践を学んでいただきます。
4.[検定T] パラメトリック 2010年12月18日(土)
14:00〜16:00 
t−検定(paired, unpaired)、カイ2乗検定について実例を挙げ、STATAを用いて実践していただきます。
5.[検定U] ノンパラメトリック 2011年1月22日(土)
14:00〜16:00
Wilcoxon の順位和検定、符号順位検定などのノンパラメトリックの方法について解説します。
6.分散分析T 2011年1月29日(土)
14:00〜16:00 
3群以上の平均値の検定として、分散分析と各種 multiple comparison test を解説します。
7.単回帰分析、重回帰分析 2011年2月12日(土)
14:00〜16:00
回帰分析を解説後、ベクトル、行列を用いて重回帰分析について説明します。
8.ロジスティック解析、生命表T 2011年2月26日(土)
14:00〜16:00
交絡因子の制御法としての Mantel-Haenzel 法、そしてロジスティックモデルを解説します。 また、生命表分析をSTATAにて実践していただきます。
9.ロジスティック解析、生命表U 2011年3月12日(土)
14:00〜16:00
前回のつづきを行います。
10.分散分析U 2011年3月26日(土)
14:00〜16:00
2元配置分散分析(factorial design, randomized complete bloce design)とともに、 経時的データについての repeated measure ANOVA について解説します。