プライマリケアのための臨床研究者育成プログラム

目的,対象者

そこで,本取組では,プライマリケアを担当している医療者(本取組ではまずは若手医師を対象)が,日々の業務で生じた疑問や問題を取り上げ,それを解決するための臨床研究をデザインし,遂行し,そして解析できるようになるためのコースを構築した。このコースでは,プライマリケア現場でEBMを実践,臨床研究の成果を患者診療に還元する地域医療者を育成することになる。
本コースの受講者候補としては,現在,各地で開始された地域医療現場での後期研修システムにてプライマリケア研修をおこなっている医師,あるいは研修後の若手医師である。