東京慈恵会医科大学 森田療法センター
附属病院

森田療法センターTOPへ
センターご案内
森田療法の考え方
治療法について
治療開始までの流れ
症状改善の実例
センターからの便り

English



お問い合せ サイトマップ トップページ
森田療法は、不安や悩みを自然な感情して、「あるがまま」に、自己をよりよく生かしていく治療法です。対人緊張、強迫症状、パニック発作などの神経症や慢性うつ状態に有効な精神療法です。
対象となる疾患

社会不安障害(社会恐怖、対人恐怖症)
→人前でひどく緊張する、人とコミュニケーションがうまくとれず悩んでいるなど

パニック障害、広場恐怖
→突然動悸が激しくなり、息苦しく感じる、電車や人ごみを避けるようになるなど

全般性不安障害
→様々なことが次々心配になり、いつも緊張してリラックスできないなど

強迫性障害
→様々なものが不潔に思え、繰り返し手洗いせずにはいられないなど。ばかばかしいとは思いつつもある考えにとらわれてしまう(カギの確認など)

身体表現性障害
→身体の病気ではないのに、身体症状が続きとらわれてしまうなど  多くの場合、症状は心理的ストレスと関係している

軽症だが慢性のうつ
→憂うつな気分、気力の減退が続くなど

※原則として総合失調症や躁病には適用されていません。

入院に関するQ&A 森田療法センター病棟見取り図

TOPICS
うつ病復帰期に対しての森田療法


NEWS

2016/11/5
市民公開講座の開催について
   
2014/09/26
「センターからの便り」を更新しました
   
2012/08/20
Q&A、病棟見取り図を追加しました
   
2012/08/20
症状改善の実例に短期入院例を追加しました
   
2007/05/01
森田療法室が新たに森田療法センターとして生まれ変わりました

参考図書
新時代の森田療法
〜入院森田療法最新ガイド〜
慈恵医大森田療法センター編
 
白揚社刊


top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.
初診の方 紹介状手続 入院手続 ご面会
詳細はこちら→