東京慈恵会医科大学 森田療法センター
附属病院

森田療法センターTOPへ
センターご案内
森田療法の考え方
治療法について
治療開始までの流れ
症状改善の実例
センターからの便り



お問い合せ サイトマップ トップページ
第三病院 > 森田療法センター > センターからの便り一覧 > センターからの便り09〜11
センターからの便り
  [2011/11/25]   動物達の近況報告
  [2011/11/25]   植物作業
  [2011/11/25]   新しい仲間
  [2011/11/25]   2011年 七夕祭
  [2011/1/17]   2010年クリスマス会が開かれました
  [2011/1/17]   共同作業
  [2011/1/17]   植物作業
  [2011/1/17]   動物作業
  [2011/1/17]   七夕祭が行われました
  [2011/1/17]   コロの事
  [2010/3/29]   植物作業
  [2010/3/29]   新しい仲間が増えました!
  [2010/3/29]   2009年クリスマス会が開かれました
2007〜2008年分はこちら

動物達の近況報告

 犬のマルとベンです。
マルは11歳になり、すっかり貫禄がついてきました。最近では、自分の知らない人が 来ても、省エネのために寝っ転がりながら吠えるという技を覚えています。
2年前、森田療法センターに来た時には小さくて可愛かったベン。すくすくと育ち、いつの間にか体重が5.2圓砲覆辰討靴泙い泙靴拭K萋、ダイエットフードと室内でのランニングが欠かせません。
top

植物作業

 夏ナスは害虫に襲われてしまいましたが、対策を考え、ついに秋ナスが実りました!!
患者さん達でレシピを考え、作業の一環として“ナスのナムル”を作りました。
森田の庭で作った野菜料理は、愛情たっぷりで絶品です。
top

新しい仲間

 8月23日に新しい鳩がやって来ました!
いつもお世話になっている日本鳩レース協会の山本さんから頂きました。名前は「ルカ」です。6月10日生まれで生後2ヶ月、羽がまだ未熟です。ちょっと皆と違うのは、視力が弱いこと。でも、黒目がちで白い羽がとっても美しいです。現在、鳩舎に運動場を増設していることもあって、他の鳩達とは別居中です。
top

2011年 七夕祭

 今年の七夕祭が7月20日に行われました。 テーマは「希望」です。
約1ヶ月前から準備を始め、シナリオ・横断幕・劇の練習・お弁当の手配など・・・ 大忙しの毎日。一人何役もこなし、ヘトヘトになりながら頑張りました。今年の出し物は劇「幸せの青い鳥・森田療法センターバージョン」でした。チルチルとミチルが夢の中で大冒険をするというお話・・・。飼い犬のマルやベンも登場してアレンジが盛りだくさんでした。チルチルとミチルが優しいお母さんや妖精に助けられながら目的本位に行動する姿にワクワク、ドキドキ、最後はなんだか「希望」が湧いてくるストーリーでした。
top

2010年クリスマス会が開かれました

 2010年12月15日、今年もクリスマス会が開かれました。今年は日本昔話を下敷きにした「かさこじぞう」。狛江の村の森田の里ではおじいさんとおばあさんが動物たちと仲良く暮らしていました。大晦日の夜、動物たちと一緒に麦わらで編んだ傘をおじいさんが街に売りにいきます。その道中雪をかぶった6体のおじぞうさんに出会い・・。よういさ、よういさ、よういさな・・・やさしい心が幸せを呼び込む、しみじみとしたお話でした。ナース劇は「賢者の贈り物」のオリジナルバージョン、医局からはクイズとジェスチャーゲーム。恒例のプレゼント交換も行い、楽しいひとときを過ごしました。
top

共同作業

 森田療法センターでは、軽作業期に三日間をかけて、ひとりひとりが思い思いの文字や絵をデザインし、ハガキ大の板に彫っています。
共同責任者さんの発案で、代々の患者さん達の想いのこもった作品達を、センター入口に飾ることになりました。
今では、センターを訪れる皆さんから好評をいただいています。

top

植物作業

 今年も剪定や追肥、カイガラムシ取りなど、手を掛けてきたバラがきれいに開花しました。
今年の試みは、森田療法センター始まって以来初めてとも言える、蕎麦の種から育てたことです。細い茎ですが天を目指すかのごとく、力強く日々ぐんぐんと成長していく様子が見ていて楽しいものです。収穫が楽しみですね。

これからお花は少ない時期にはなりますが、森田の庭の木々の紅葉、落ち葉も趣があるものです。落ち葉掃きが日々の一仕事です。
top

動物作業

 2010年初春、鯉池にて新たな生命が誕生しました。双子の柚子と梅です。白とオレンジの模様が愛らしい2匹は、雅・みかんに守られ、すくすくと成長しています。
鳩舎内でも、新しい生命が次々と誕生、放鳩訓練が進められています。

top

七夕祭が行われました

 2010年7月14日、第3回森田療法センター七夕祭が行われました。センターからの出し物は、アリとキリギリスのオリジナルバージョン。アリとキリギリスはもちろんの事、マル・ベンも登場。くすくす笑いあり、大笑いあり、森田療法の言葉がふんだんに盛り込まれた素敵な作品に仕上がりました。ナースの出し物は、今年話題となった・・そう、ゲゲゲです。「ゲゲゲの大運動会」という劇でした。医局からは恒例のクイズとゲーム。沢山の方々が集まり、楽しい時間となりました。

top

コロの事

 皆さんに大切な、悲しいお知らせをしなければなりません。
2010年1月、森田療法センターの大切な一員であったコロが、老衰のため他界しました。1994年、生後一か月の真っ白なコロが森田療法室にやってきました。
コロは、人が大好きなのに繊細で敏感なところもありました。
コロの姿に自分を重ね、コロを世話することで自分に触れていった患者さんもたくさんいました。
たくさんの出会いと別れを見守ってきたコロは、鳩舎近くに埋葬され、今でも森田療法センターを見守ってくれています。

top

植物作業

  2010年のお正月は、正月仕様の寄せ植えをつくりました。センター玄関で、目にする人にとても正月らしい雰囲気を伝えていました。大切に育てたラッディッシュやミニキャベツも収穫でき、そのまま歯ごたえを楽しんだり焼きそばにしておいしく食べることができました。花壇にもパンジー、ビオラ、ジュリアンやノースポールなどが植えられており、これから春先の開花にむけて、ますます忙しくなりそうです。
top

新しい仲間が増えました!

  ミニチュアダックスフンドのベンちゃんです。
2009年6月下旬に、森田療法センターにやってきました。とても愛嬌のある、人懐っこい男の子です。
センターに来たばかりの頃は、お散歩のとき、怖がって外を歩く事ができませんでした。けれども皆の根気強い働きかけによって、今では、元気に外を走っています。
top

2009年クリスマス会が開かれました

  2009年12月16日、森田療法センタークリスマス会が行われました。センター内外から多くの方が集まり賑わいました。
ナースの出し物は金八先生のパロディクリスマスバージョン(なんと演じ手と声を別の人が演じるという手法)、医局からは恒例のクイズとゲームでした。
そして、センターからの出し物はシンデレラをアレンジした劇。
いじわるな継母や姉達と暮らし、昔の華やかな生活のことばかり考え、苦手なことは避けてしまっていたシンデレラ。けれども仲良しの鳩のポッポとはと吉にも励まされ、目の前のことに一生懸命取り組み、様々な困難を乗り越えて成長していきます。そしてお城での舞踏会の夜・・。
当センターではおなじみの鳩が登場したり、舞踏会でのダンスシーンもあり、とても楽しい劇に仕上がりました。
top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.
初診の方 紹介状手続 入院手続 ご面会