健診センターからのお知らせ
健康診断ココがポイント

先生に聞きました!健康診断ココがポイント!!
POINT1 年1回は健康診断を受けましょう
POINT1 年1回は健康診断を受けましょう

健康診断で行う主な項目
健康診断では、
1.身体測定
2.貧血検査
3.肝臓検査
4.血中脂質検査
など、チェックシートにある1〜9の項目が主に行われます。詳しい検査内容は「健診結果票の正しい見方」をご覧下さい。
健康診断を受けるには
会社員の場合には年1回の定期健診が義務づけられていますが、主婦の方や高齢の方、自営業の方の場合も、地元自治体の広報などに目を通し年1回の健康診断を 受けましょう。
性別や年代別で要注意な病気
年齢別、男女別で気をつけたい病気に、以下のものがあげられます。


POINT2 健康診断と人間ドックの違いについて
POINT2 健康診断と人間ドックの違いについて

人間ドックでプラスされる主な項目

【上部消化管X線検査】

バリウム液を飲んだ状況で消化管を撮影することで胃がんなどを発見できます。
【腹部超音波】
超音波を発する装置で、肝臓、腎臓のがんや、胆のうの胆石の有無を調べます。
【便検査】
便に含まれる血の有無を調べる検査で、陽性の場合には、大腸がなどが疑われます。
※上で紹介した検査は健康診断でも行われる場合があります。また、女性検診もオプションで追加できます。
受診費用の目安

【1日ドック(日帰り)】

35,000〜50,000円

【2日ドック(1泊2日)】
45,000〜60,000円
受診間隔の目安

100÷年齢=受けるべき間隔


【例えば・・・】
40歳なら 100÷40=2.5
すなわち、2年に1回が受診の目安になります。

POINT3 毎日忙しい方こそ女性検診を

女性検診で行う主な項目


【乳房検診】
乳房に弱いX線をあてるマンモグラフィー(乳房X線検査)により乳がんなどを診断します。 40歳以上の方なら1〜2年ごとの定期受診をおすすめします。
※この検査は外科を受診してください。
【子宮細胞診】
子宮がんの発生しやすい子宮の入り口部分の細胞を採取し、がん細胞の有無を顕微鏡で調べます。この検査は、20歳を過ぎたら2年に1回のペースで受診するのが望ましいとされています。
※この検査は婦人科を受診してください。


健康セルフチェック→ 健康診断ココがポイント 健診結果票の正しい見方
TOPページへ
TOPページへ 健康セルフチェック→ 健診結果票の正しい見方→