診療内容

原発性糸球体腎炎やネフローゼ症候群、膠原病に伴う腎障害、糖尿病性腎症、痛風や高尿酸血症に伴う腎障害、高血圧(本態性、二次性)、急性及び慢性腎不全、電解質異常、血液浄化、腎移植のマネージメントなど。
※血尿・蛋白尿のある場合は腎炎の可能性があり、血漿クレアチニン濃度の上昇は腎不全の徴候です。早めに腎臓・高血圧内科にご相談下さい。
■ 慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群
多数例の治療経験に基づいて、各症例の臨床所見や腎生検による腎病理組織像より病態に即した治療方針を選択しています。難治性ネフローゼ症候群を呈する巣状糸球体硬化症に対しては、LDL吸着法による治療を試みておりその予後改善を図っています。

■ 痛風・高尿酸血症
腎障害や尿路結石を合併する率が高い事が知られており、数多くの症例をもとにその原因や他の生活習慣病との関連性についての研究を行い、これらの結果に基づいた治療方針を選択しています。

■ 高血圧症
降圧療法の選択、特に各種腎疾患に伴う高血圧患者さんに対して腎保護を目標とした降圧療法や食事療法を選択しています。さらに二次性高血圧患者さんの診断や治療方針を決定しています。

■ 糖尿病性腎症
初期より、糖尿病の専門医と協力して患者さんを指導管理しています。

■ 膠原病に伴う腎障害
臨床所見と腎病理組織所見に基づいて、免疫抑制療法や血漿交換療法を施行しています。

■ 慢性腎不全
保存期から透析導入となる患者さんや透析患者さんの合併症である透析アミロイドーシス・心血管系合併症・二次性副甲状腺亢進症などを腎臓専門医、透析専門医が管理しています。

■ 腎移植
末期腎不全で透析導入となった患者さんについて泌尿器科の医師と連携をとり生体腎移植を施行しています。

※ギランバレー症候群(神経疾患)や類天庖蒼(皮膚疾患)については二重濾過法を、家族性高コレステロール血症(代謝疾患)や巣状糸球体硬化症については、LDL吸着などを、各々疾患の専門医と協力しながら施行しています。