学校法人 慈恵大学 学校法人 慈恵大学
お問い合せ サイトマップ トップページ





令和2年度文部科学省「感染症医療人材養成事業」に選定されました
文部科学省は今般の新型コロナウイルス感染症の対応を踏まえ、医学部生等に対して、感染症の診断や感染症の特色を踏まえた対処法等より専門的な教育・実習を行い、感染症に関する高度な知識を身につけた医療人材の養成が必要として、感染症医療人材養成事業を公募しました。
この事業に本学は申請し、選定されました。
本学感染症医療人材養成事業は医学部救急医学講座 武田聡教授が責任者となり事業を推進します。事業の特徴は次の通りです。
医学科・看護学科学生教育において、患者診療を通したトレーニングが困難な状況下でも感染症医療の教育を安全安心に進めるために、感染症に関する基礎医学と、感染リスクがない学習環境でのシミュレーション臨床教育の実施により、卒業時コンピテンシーの実践力を担保します。
研修医、医師、看護師、コメディカルの医療従事者には感染防御の教育を実践し、質を落とさない医療行為の提供と未知なる新興感染症に対応する診療ができることを目的とします。現在までのシミュレーション教育で目標とした患者安全に加え、医療者自身の安全も重視します。
新たな感染症科・ICTと連携したシミュレーション教育組織を構築します。多機能シミュレータやVR等を導入、遠隔手法と組合せた教育プログラムを開発・実施、教育効果の検証から更に開発と改善に繋げます。
全国からアクセスが良い本学の立地を活かし大学間連携、地域医療連携の教育拠点としてのプラットフォームを形成し、情報発信を行います。
以上

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.