教務主任養成講習会 授業風景

教務主任養成講習会 授業風景

公益社団法人 東京慈恵会が主催する教務主任養成講習会(厚生労働省認定)は平成24年度より開催しています。

授業風景

写真

開講式
与えられたこの時間を大切に有意義に

写真

日本看護学教育学会に全員参加
来年は発表します!

写真

開講し1ヵ月‥学ぶ楽しさ満喫してます

写真

発表準備…学ぶ楽しさ満喫しています

写真

分かりやすい授業づくりをめざし

写真

教職員への協育に向けて討議

写真

教職員への協育
周囲を巻き込み組織を活性化するための取り組み

写真

この教務主任養成講習会を受講せずとも教務主任となり活動することはできるが、ここでの学びは単に自校の教員のリーダーとしての行動・役割を学ぶだけでなく、未来の看護学教育についても深く学ぶことができる。
講習を受けたリーダーが増えることが、明日の看護学教育の力になると思う

(修了者のことば)

修了者メッセージ

修了者

東京都立
府中看護専門学校

講習会の半年間は、学ぶことの楽しさを再認識し、仲間との公私ともの語らいは、かけがえのない時間でした。
レポートや提出物の期限に追われ、研究では結果のまとめに苦労した日々でもありましたが、苦しいなかでもやりとげたことのすべてが、今の土台となっています。とても充実した素敵な日々でした。
講習中は目前の課題に取り組む中、全体像が見えなかったのですが、修了したときに学習してきた意味が理解できたように思います。
また、そこからの課題も見えてきます。
これからは、課題に対してどこまで取り組めるかが挑戦です。

修了者

東京都福祉保健局
医療政策部医療人材課

東京慈恵会での教務主任養成講習会では、素晴らしい先生方や、沢山の仲間に囲まれながら学べる、かけがえのない体験でした。
看護教育で大事にしたいものや原点、看護教員の仕事の価値を見つめなおすことができる機会であり、毎日が新しい発見と、ドキドキ・ワクワク感に溢れており、まさに「宝物の時間」でした。
これから受講される皆さま、講習会終了後、自分に起こる変化に期待してください。

修了者

川口市立看護専門学校
第2看護学科

講習会を経て戻った学校は、今までとは違って見えました。
カリキュラムはもちろん、授業方法、職場環境、学生対応についても、色々な角度から考えることができ、沢山の引き出しを頂いたように思います。受講中は、課題に追われ仕上げることに必死でしたが、そこでの学習は、今検討しているカリキュラム評価、授業評価、教育方法、学校評価に活用しています。
振り返ると、講習会で、考える種を頂いたように感じます。
だからこそ、受講中は時間の許す限り、皆と意見を交わし、課題についてとことん追究していくことをおすすめします。

修了者

JR東京総合病院
高等看護学園

6か月の講習会を終え職場に戻り、今思うのは、この講習会が「宝物の時間」だったということです。
講習会の内容は、私にとってハードではありましたが、それを打ち消すだけの多くの宝物を得る時間になりました。
一つは、教育について集中して考えたり、あらたな知見を得られたことです。二つ目に、これまでの看護・教育を振り返る機会になりました。そして、今後の自分について、所属する学校の教育について、どのようにあったらよいか、どこを目指すのかを考える機会を得たことです。三つ目に、講習会の教育課程が体系的であること、すべて繋がっていることを講習会の教育を受けながらにして実感できたことです。四つ目に、様々な地域の看護学校から集まった仲間たちと共に、学習と絆を深められたことは講習会をさらに充実させてくれました。
仲間との関係は講習会後も私の支えです。