授業細目「地域医療プライマリケア医学」コンバインドコース

大学名

東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科(博士課程)

プログラム・コース名

授業細目「地域医療プライマリケア医学」コンバインドコース

対象者

専門修得「総合診療コース」に在籍し、リサーチレジデントとして大学院コースも同時に履修を希望する者

修業年限(期間)

4年

養成すべき人材像

 専門修得で「総合診療」を学びながら、地域で総合診療を行いその中心的存在としてリーダーシップをとっていくためには、自らの医療現場で生じた問題を解決していく能力を備え、指導者として後進の指導に当たる必要がある。地域医療で生じる問題は、大学等高次機能病院で発生する問題とは異なる。例えばcommon diseaseの診断と治療、患者-医師関係、家族機能、複雑性、一次予防、行動科学、在宅医療など、高次機能病院ではテーマとなりにくい問題に日々直面している。こうした地域での総合診療に携わりながら臨床研究の知識と技術をもち、日々の診療で生じた疑問からリサーチクエスチョンを立案し、計画、実行、さらにその結果を発信していくclinician researcherを養成する。

修了要件・履修方法

 東京慈恵会医科大学大学院博士課程の修了要件を満たすとともに、講義(eラーニング含む)、セミナー、ワークショップに出席、課題提出により評価し単位取得とする。博士課程を通じ研究の実地指導を受け、最終的には博士(医学)の取得をもって修了とする。

履修科目等

  1. 共通カリキュラム
    医学教育学、医の倫理、医学研究法概論、医療統計学、疫学臨床研究、大学院特別講義
  2. 選択カリキュラム
    地域医療プライマリケア医学コース(授業細目)を新設する。研究分野は、地域医療学、プライマリ・ケア医学、家庭医療学である。これに対して臨床疫学的手法を用いて、従来の疾病中心型の臨床研究のトピックにとらわれず、医療コミュニケーション、医療の質評価、行動科学、質的研究、薬物治療学等幅広いテーマの問題にアプローチする。医療の最前線であるにもかかわらずエビデンスが不足している地域医療、プライマリ・ケア、家庭医療学分野でのエビデンス生成を地域で行えるカリキュラムとする。具体的には、疫学・臨床疫学、生物統計学アドバンスコース、臨床研究プロトコール作成等の臨床研究方法論と、家庭医療学の各コースを設ける。

教育内容の特色等 (新規性・独創性等)

 地域にて総合診療に従事しているプライマリ・ケア医、家庭医を対象に、地域で生じた問題をテーマに自立的に研究が行える人材を育成するため、大学院博士課程に地域医療プライマリケア医学コース(授業細目)を新設し、臨床医かつ研究者でもあり(clinician researcher)、臨床のみならず研究面でも後進への指導ができる教育者とも成り得る人材を養成できる。

指導体制

 新設される地域医療プライマリケア医学コース(授業細目)において、疫学・臨床疫学、生物統計学、臨床研究方法論(リサーチクエスチョン生成、研究プロトコール作成、学会発表、論文作成)を学ぶ。指導責任者となる松島雅人は、日本内科学会総合内科専門医であるとともに、米国公衆衛生学修士を取得しており、さらに平成19年度文部科学省「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」が採択され、現在も継続されている「プライマリケアのための臨床研究者育成プログラム」の主催者でもある。すでにプライマリ・ケア医とともにプライマリ・ケア、地域医療で生じる問題をテーマとした臨床研究を行い共著が複数に及ぶ。本申請で大学院コースとなる地域医療プライマリケア医学においても博士課程として指導することが可能である。

受入開始時期

平成27年4月1日

受入目標人数

対象者 H25年度 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度
一般医師 0 0 3 3 3 9
0 0 3 3 3 9

教育プログラム・コース

東京慈恵医科大学