復職支援スタートアッププログラム(インテンシブコース)

大学名

東京慈恵会医科大学附属病院

プログラム・コース名

復職支援スタートアッププログラム(インテンシブコース)

対象者

育児などの理由で医療現場からしばらく離れた医師のうち、将来、地域において総合診療、家庭医療を行う希望のある医師を対象とする。

修業年限(期間)

6か月

養成すべき人材像

 様々な勤務継続のための支援策を施しても、出産、育児などを理由に女性医師が現場を離れるという現象は一定の割合で起きている。もともとモチベーションも高く、優秀な女性医師がその能力を発揮できないことは国家の損失である。このような医師の中には将来、地域医療に貢献したいという希望を持っている医師も少なくない。本プログラムでは復帰支援の中で総合診療を学ぶ「はじめの一歩」のコースを提供し、将来的に地域で活躍する総合診療医を養成する。

修了要件・履修方法

 演習への出席と各モジュールでの指導医による評価を行う。

履修科目等

 まず、現場感覚を取り戻すことを目指す。次に、指導医のもとで総合診療に従事しつつ、救急対応をシミュレーション教育などで学び、合わせて今後の高齢化社会に欠かせない緩和ケアについて研修する。本プログラムを修了したのちには、引き続き総合診療・家庭医療ブラッシュアッププログラムを開始する。その内容を示す。

  1. シミュレーターによる身体診察演習
  2. 健診業務研修
    当院健診センターにて予防医学について学び、また健診業務を通じて現場の感覚に慣れ、レントゲン写真などの一般的な画像、心電図、血液検査所見の正常、異常について復習する。
  3. 総合診療研修
    本学の総合診療部や主に一次救急を担当している救急診療部にて研修する。
  4. 地域医療研修
    医学生の家庭医実習あるいは研修医の地域保健・医療研修での研修先で研修する。
  5. 救急対応研修
    患者シミュレーター・シムマンを用いた救急対応のシミュレーション教育をすでに医学生、研修医に対して行っている。これを用いてアナフィラキシーショック、急性冠症候群、大動脈解離など頻度は多くないが遭遇した際の一次対応が非常に重要な疾患について学ぶ。
  6. 緩和ケア研修
    本学では東京都医師会後援で緩和ケア研修会が開催されており、これを通して患者、家族とのコミュニケーションや緩和医療の基礎について学ぶ。

教育内容の特色等(新規性・独創性等)

 医師キャリアサポートセンターを新設し、学内外のエキスパートの協力の下、セミナー、ワークショップを開催し、従来、必ずしも認知度が高いとは言えなかった総合診療、プライマリケア医学、家庭医療学の原理、技術を学べるキャリアアッププログラムとする。

指導体制

 救急シミュレーション教育スタッフ、附属病院総合診療部医師、健康医学センター医師、緩和ケアチームや、地域での総合診療、家庭医療にあたる医師が指導者となる。復職希望女性医師には女性医師キャリア支援室から1人メンターを任命し、月1回以上の面談を行い、履修の状況の確認を含めた様々な精神的なサポートを行う。

受入開始時期

平成27年4月1日

受入目標人数

対象者 H25年度 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度
一般医師 0 0 5 5 5 15
0 0 5 5 5 15

教育プログラム・コース

東京慈恵医科大学