事業の概要等

テーマに関する課題

本学は開学以来、建学の精神である「病気を診ずして病人を診よ」を実践できる医師の養成を行っている。現在、超高齢化社会を迎えるわが国において、地域で必要な総合診療能力を持つだけでなく、プライマリケア現場での問題を解決することのできる臨床研究能力を合わせ持つ人材の養成が急務である。プライマリケア現場では、従前の大学が主導する研究において対象になってこなかった、地域で生活する患者、高齢者を含む地域住民の健康問題の多くが未解決のままである。地域医療で直面した問題を解決しつつ、質の高い医療を提供する人材養成を行うためには、「大学」と「地域」が協働し、卒前、臨床研修、専門修得コース(レジデント)、生涯学習にいたる「時間軸」の中で、附属病院、教育病院・施設群そして在宅という多様な「場」で求められる能力を有する医師を養成するシステムを作る必要がある。

事業の概要

地域と大学が強く連携し、卒前から卒後・生涯に亘る時間軸の中で、「幅広い多様性」という総合診療の専門性を基礎に、地域医療で生じた問題を自ら解決するための臨床研究を発案・遂行し、エビデンスを発信できる医師を養成するプログラムを開発する。本学は既に卒前教育において地域での様々な医療ニーズを体験する実習を低学年から体系的に導入し、さらに社会人教育として地域医療に従事する医師を対象に臨床研究者育成プログラムも実施している。そこで本事業では、卒前、臨床研修での「地域医療体験」の拡充、専門修得コース(レジデント)における教育病院・施設群と連携した「総合診療コース」の新設、大学院博士課程での授業細目「地域医療プライマリケア医学」の確立、大学院と専門修得コース(レジデント)のコンバインドプログラムを構築し、プライマリケア現場で活躍するclinician researcherを育成する全学的なシステムを開発・整備し、地域医療のための人材養成拠点となる。

教育プログラム・コース

東京慈恵医科大学