連携体制
(連携大学、自治体、地域医療機関、民間企業等との役割分担や連携のメリット等)

 卒前教育における高齢者医療体験施設の地域連携は教育センター長福島統が担当する。臨床研修では新潟県南魚沼郡医師会、福島県塙厚生病院、福島県かしま病院、静岡県桜ヶ丘病院等と連携し、総合診療能力を養成する(臨床研修副センター長川村哲也)。レジデントおよび大学院における連携体制は、大学外の地域における総合診療専門研修を行うために、日本プライマリ・ケア連合学会認定・家庭医療専門医、指導医が多く在籍する医療福祉生協連・家庭医療学開発センター、東京北医療センターと大学が連携し、プログラム開発およびレジデント研修を行う(担当は総合診療部長大野岩男、臨床疫学研究室長松島雅人)。また、本学第三病院では教育診療所の整備を総合診療部長平本淳、家庭医療専門医吉川哲矢が担当する。葛飾医療センターは総合内科の診療部長根本昌実を中心に地域連携体制を整える。  本学は、地域連携施設に対し、地域研修意見交換会、地域医療者教育会議等を開催し、地域医療ニーズを把握し、大学の教育資源を地域に還元することで人材養成拠点の役割を果たす。

教育プログラム・コース

東京慈恵医科大学