■ 東京慈恵会医科大学TOP

高等教育の修学支援新制度・特待生制度・奨学金制度

高等教育の修学支援新制度

本学は、2020年度から開始される大学等における修学の支援に関する法律に基づいた授業料等減免制度「高等教育の修学支援新制度」の対象校となりました。

「高等教育の修学支援新制度」のリーフレット

本学在学中の支援の概要は、以下のとおりです。

区分
(世帯収入の区分)
入学金(減免額) 授業料(減免額) 給付奨学金
(日本学生支援機構より給付)
自宅通学 自宅外通学
第偽菠 260,000円 700,000円 459,600円 909,600円
第橋菠 第偽菠の3分の2の額
第袈菠 第偽菠の3分の1の額

※入学金以外は年額。年度中に区分が変わった場合は減免額変更となります。
※入学金は2020年度以降入学者で入学時のみ対象。

受験生の皆さんへ

支援対象となった方の申請方法については、決定次第お知らせいたします。

「高等教育の修学支援新制度」の概要について

制度の詳細については、以下のWEBサイトをご参照ください。
文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
日本学生支援機構「給付奨学金」

本学の機関要件確認に係る申請書

「大学等における修学の支援に関する法律第7条第2項に基づく確認申請書」

「高等教育の修学支援新制度」の本学における入学金・授業料の減免について

特待生制度

奨学金制度

■慈恵大学奨学生«10名程度»

学納金(授業料、入学金、施設拡充費)の全額または半額を貸与するもので、卒業後に返済の義務があります。対象は全学年です。無利子です。

■保護者奨学金 «貸与» 10名程度

学業の継続のために必要な額(50万円以上10万円単位)を貸与するもので、卒業後に返済の義務があります。対象は全学年です。無利子です。

■保護者奨学金 «給付» 10名程度

学費に充当する50万円を毎年10名を限度に給付します。なお、対象は全学年で給付は在学中1回です。

■本多友彦慈恵医学教育奨励基金

学資に充当する50万円を毎年10名を限度に給付します。なお、対象は全学年で給付は在学中1回です。

■慈恵医師会海外選択実習奨学金

5・6年次に海外の医療機関で実習する学生、毎年10名程度に20万円以内の奨学金が支給されます。

■静岡県医学修学研修資金

将来、医師として静岡県内の公的医療機関等に勤務する意思のある者に、年間240万円を貸与します。一定期間勤務するなどの条件で返還が免除されます。

■千葉県医師修学資金

1〜3年生の千葉県出身者で、将来医師として知事が定める医師不足地域等の医療機関に貸付期間の1.5倍に相当する期間、従事しようとする強い意志がある者に年間240万円を貸与します。一定期間勤務するなどの条件で返還が免除されます。

■公益財団法人ピジョン奨学財団奨学生

5年生で将来、新生児科、小児科(小児外科含む)または産科の医師を志す者に月額5万円を2年間支給します。

■教育ローン

学校法人慈恵大学提携教育ローンとして、保護者または学生本人が三菱UFJ銀行から、10万円以上1,000万円以内で借入ができるものです。

■その他

日本学生支援機構などの奨学金へ応募できます。

学費についてはこちら