東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科


学科概要
キャンパスライフ
教育・研究活動
同窓会
オープンキャンパス
入試案内
アクセスマップ

大学院
学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 医学部看護学科 > 教育・研究活動 > 教育活動・成人看護学

教育活動・成人看護学
基礎看護学 看護管理学 成人看護学 老年看護学 精神看護学
小児看護学 母性看護学 地域看護学 在宅看護学 健康科学 疾病・治療学
前に戻る

教員紹介

教 授 佐藤正美
准教授 望月留加 福田美和子
講 師 細川舞 室岡陽子 大坂和可子
助 教 務䑓理恵子
教育活動
成人看護学では、成人期にある様々な健康障害をもった人や家族を対象に、成人期の特徴や発達段階を踏まえて、疾病やさまざまな治療などにより高度な侵襲を受け急性期にある人、リハビリテーションが必要な人、慢性疾患によって長期コントロールが必要な人の看護を学びます。
 
講義の展開としては病態生理を踏まえた個別性のある看護が学べるように、事例を数多く取り入れ問題解決的思考が育つようにしています。また、講義とともに学内演習でも臨床の現場をイメージしやすいように工夫し、学内で充分に技術を習得して臨地実習に繋ぐようにしています。
 
臨地実習は、生活調整・再構築が必要な人や周術期看護・クリティカルケアを必要とする人を受け持ち、講義や演習で学習した知識や技術を統合し、看護過程を展開することで看護の実際を学びます。

4年間の流れ
1年生 成人看護学概論
2年生: 慢性期看護方法論 周手術期看護方法論
3年生: がん看護方法論 急性期看護方法論 成人看護実践論
  成人看護学実習Ⅰ-1、Ⅰ-2
4年生: 成人看護学実習Ⅱ-1、Ⅱ-2、
総合実習(クリティカルケア、緩和ケア)、看護研究

過去の卒業研究テーマ
2014年度:
・看護師ががん患者や家族とかかわる上で倫理的ジレンマを抱えた体験
・心臓血管手術を受ける患者に対するせん妄の予防的看護の実際に
  関する研究
・ICUにおけるせん妄予防の看護に関する文献検討
・炎症性腸疾患をもつ青年期の患者に対する看護師の思いと看護の
  実際について
・胃がんにより手術を受け退院した壮年期女性患者の二次的役割遂行に
  関する体験
・がん化学療法に伴う皮膚障害を抱える患者の体験
・ベテラン看護師が外国人患者を看護する体験
・上肢切断・形成術を受けた患者の喪失体験と対処行動
 
2015年度:
・クローズドICU看護師の職場ストレスの主観的・客観的評価
・青年期の口唇口蓋裂者が疾患と共に生きてきた経験
・一般病棟でがん患者のターミナルケアに携わる新人看護師の思いの分析
・ストーマを保有する高齢者と家族が抱く困難への支援
  -文献検討からの考察-
・血液透析を受ける慢性腎臓病患者がセルフマネジメント能力を
  獲得するプロセス
  ~血液透析導入初期に焦点をあてて~
・乳がん患者の子への病気告知と心理過程に影響する要因
・看護学生の実習前の学習の実態
  ~実習での事前課題と看護技術の活用状況の関係について~
・慢性疼痛患者への看護介入に関する研究の動向と課題
・慢性疾患を抱える患者のセルフケア支援に関する文献検討

2016年度:
・手術室看護師の手術室業務に生じるやりがいと葛藤及びその対処行動
・一般病棟における患者の死を体験した看護師の感情とコントロール
・筋委縮性側索硬化症(ALS)を抱えたA氏がとらえる自身の病気とその変化
・慢性疾患患者の自己効力感の向上に影響した経験と看護支援の検討
・外来科学療法を受けるがん患者に対する看護師の支援の実態とそれに対する患者の思い -1事例を通して-
・看護師が捉える壮年期の終末期がん患者が抱く希望
・壮年期男性のがん患者への就労支援の実際と看護師の困難感
・がん性疼痛を持つ患者のオピオイド(医療用麻薬)使用に対する思いの分析
・がん患者相談支援センターにおける意思決定を支える看護師の役割と課題

講義風景1

講義風景2

top

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.