東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科


学科概要
キャンパスライフ
教育・研究活動
同窓会
オープンキャンパス
入試案内
アクセスマップ

大学院
学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 医学部看護学科 > 教育・研究活動 > 教育活動・基礎看護学

教育活動・基礎看護学
基礎看護学 成人看護学 老年看護学 精神看護学
小児看護学 母性看護学 地域看護学 在宅看護学 健康科学 疾病・治療学
前に戻る

教員紹介

教 授 田中幸子 谷津 裕子 佐藤 紀子
講 師 羽入千悦子 佐竹澄子 青木紀子
助 教 高塚綾子 渡邉奈穂
教育活動
基礎看護学では、主に1年次〜2年次にかけて看護の対象者に対する生活援助の基礎的な知識と技術など、看護職になるための基盤づくりのための教育活動を行っています。まず、1年次前期は、看護実践の理論的枠組みについて学びます。1年次の1週間の病院実習では、実際に看護師や多職種の実践活動に同行し、看護の対象や医療専門職の実践活動の理解を基に看護の役割を考えます。実習を終えた1年次後期からは、日常生活を支える身体機能に関する情報を収集し査定するための方法や、看護の対象者の日常生活の援助技術について具体的な方法を習得します。2年次になると、看護実践を導く思考方法について学修します。2年次の附属病院で行われる2週間の実習では、学生各自が患者を受け持ち、効果的な対人関係を基盤とし、思考過程や援助技術を用いた看護実践を行います。学生は5〜6名のグループで病棟に行き、教員と臨床指導者と共に学びます。
4年間の流れ
1年生:看護学概論 生活過程援助論機‐評マネジメント フィジカルアセスメント基礎看護学実習
2年生:生活過程援助論供ヾ埜邁當機\験莢當援助実習
4年生:総合実習 看護研究
過去の卒業研究テーマ
2016年度:
・短時間正職員制度・夜勤免除を利用しながら病院で就労する看護師の育児・仕事の両立困難感とその対処方法
・看護学生の学生生活での対人関係の悩みと対処法の違い
・看護学生の医療専門職者の卵としての自覚〜救急場面の対応を通して〜
・看護学生のストレスと学習意欲変化
・看護師が術後疼痛管理に満足感を抱けない要因
2017年度:
・病院で勤務する看護師が就業を継続するために必要なサポートに関する文献検討
・看護系大学院(修士課程)への進学目的・躊躇理由・要望に関する文献検討
・看護学生の臨地実習における達成感と一般的自己効力感との関連
・低用量経口避妊薬の避妊効果以外の利点(副効用)に関する看護学生の認識
・運動・スポーツ経験が与えるストレス対処能力の関連性と現在のストレスへの影響
・入院患児の遊びへの看護師の課関わりに関する文献検討
演習風景

top

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.