東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科


学科概要
キャンパスライフ
教育・研究活動
同窓会
オープンキャンパス
入試案内
アクセスマップ

大学院
学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 医学部看護学科 > 教育・研究活動 > 教育活動・小児看護学

教育活動・小児看護学
基礎看護学 看護管理学 成人看護学 老年看護学 精神看護学
小児看護学 母性看護学 地域看護学 在宅看護学 健康科学 疾病・治療学
前に戻る

教員紹介

教 授 高橋衣
講 師 永吉美智枝
助 教 瀧田浩平
教育活動
 小児看護学では、1年次は、子どもの成長発達・健康増進・権利擁護に関する知識と生活援助の方法について学びます。2年次以降は、健康障害の状況や経過に応じた子どもと家族の特徴から対象の全人的理解を深め、基礎的な看護の方法を理解するとともに発達段階に応じた看護技術の習得を目指します。また、日常的臨床場面での倫理的課題を考察し、子どもと家族の権利を尊重した看護の方法や共感的コミュニケーションの方法、家族とのパートナーシップ形成について学び、臨地実習に臨んでいます。地域の児童福祉施設や付属病院を活用した実習を通して、子どもの出生から成人移行期まで切れ目のない支援と多職種連携について学び、学生の看護実践力を高めます。

4年間の流れ
1年生 小児看護学概論
2年生: 小児看護方法論機地域看護学実習(保育園実習)
3年生: 小児看護方法論供⊂児看護学実習
4年生: 小児看護学実習、総合実習(小児臨床看護コース)、看護研究

過去の卒業研究テーマ
2014年度
・看護師のプレパレーションの実践に対する認識
―学習経験との関連に焦点を当てて―
・小児気管支喘息児を育てる母親の悩み
・NICUに入院となった小児の親が抱えるネガティブな思いに対する看護師の支援

2015年度
・A島における小児医療の現状と看護職に求められるもの
〜離島で働く看護師へのアンケートより〜
・小児慢性疾患を持つ患児の親への思いと体験−成人期にある人のインタビューより-
・慢性疾患を持ち長期入院している児の父親の思い
・小児がんと病気説明された子どもを持つ両親への看護師の関わり
・きょうだいへの思いの変化とその影響要因
―幼児・学童期にきょうだいが長期入院した事例を通して―

2016年度
・青年期(約15〜22歳)の川崎病経験者の母親の不安
・極低出生体重児の子どもがNICU入院中に看護師の言動に対し母親が抱く心情
・自閉症スペクトラム障害をもつ幼児の母親が抱える育児困難に対する支援
・学童期の小児がん患児・保護者、その両者に関わる教員に対する看護師による復学支援の実態‐訪問学級に焦点をあてて‐
・放課後デイサービスを利用する発達障害児の社会性の発達・生活能力向上における支援の実際

top

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.