東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科


学科概要
キャンパスライフ
教育・研究活動
同窓会
オープンキャンパス
入試案内
アクセスマップ

大学院
学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ医学部看護学科教育・研究活動 > 教育活動・小児看護学

教育活動・小児看護学
基礎看護学 成人看護学 老年看護学 精神看護学
小児看護学 母性看護学 地域看護学 在宅看護学 健康科学 疾病・治療学
前に戻る

教員紹介

教授 高橋衣  
准教授 永吉美智枝  
助教 遠藤里子  
教育活動
小児看護学では、1年次は、子どもの成長発達・健康増進・権利擁護に関する知識と生活援助の方法について学びます。2年次以降は、健康障害の状況や経過に応じた子どもと家族の特徴から対象の全人的理解を深め、基礎的な看護の方法を理解するとともに発達段階に応じた看護技術の習得を目指します。また、日常的臨床場面での倫理的課題を考察し、子どもと家族の権利を尊重した看護の方法や共感的コミュニケーションの方法、家族とのパートナーシップ形成について学び、臨地実習に臨んでいます。地域の児童福祉施設や付属病院を活用した実習を通して、子どもの出生から成人移行期まで切れ目のない支援と多職種連携について学び、学生の看護実践力を高めます。

4年間の流れ
2022年度
1年生 小児看護学概論、看護対象論
2年生: 小児看護学方法論
3年生: 小児看護学方法論供看護過程(小児看護学)、小児看護学実習
4年生: 総合実習(小児FCC・地域連携看護コース)、看護研究、応用看護論(新生児・乳幼児看護論)

過去の卒業研究テーマ
2020年度
  • 幼児期に急性リンパ性白血病を抱えた長期入院を要する子どもへの看護師による発達支援
  • 学童期の小児がん患児が適切な教育を受けるために入院中に看護師が行う支援の検討
  • 小児病棟において遊びを提供するボランティアの“遊び”の認識と活動の現状
  • 学童期の小児がん経験者の復学後における自己開示を支える看護に関する研究
  • 外面的な先天性奇形をもつ子どもに対する母親の受容のプロセスに関する研究
  • 付き添い入院をする乳幼児の両親の負担と対処行動に関する研究
2021年度
  • 先天性心疾患を合併する乳児期のダウン症候群患児の成長発達を促す看護に関する研究
  • 重症心身障がい児をもつ家族の受容と退院支援に関する検討
  • 慢性疾患のある同胞をもつことによるきょうだいの心理社会的発達への影響に関する研究
  • 学童・思春期に長期入院を必要とする慢性疾患を抱抱えた患児のストレスに関する研究
  • ファブリー病患者におけるCovid-19への意識調査

top

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.