東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科


学科概要
キャンパスライフ
教育・研究活動
同窓会
オープンキャンパス
入試案内
アクセスマップ

大学院
学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 医学部看護学科 > 教育・研究活動 > 教育活動・精神看護学

教育活動・精神看護学

基礎看護学 看護管理学 成人看護学 老年看護学 精神看護学
小児看護学 母性看護学 地域看護学 在宅看護学 健康科学 疾病・治療学
前に戻る

教員紹介

教 授 小谷野康子
講 師 石川純子
助 教 堀川英起
教育活動
本学の精神看護学は、概論、各論、演習、実習の流れで構成されています。「概論」では、精神保健の視点で社会の中の精神的な健康課題について学習します。「対象論」では、主な精神疾患・精神障害の症状とその治療と看護の原則を学習します。「方法論」では、対象論で学んだ知識を対象者に応用するための看護の方法論を学びます。また、通常の講義の他に、精神疾患を患っている当事者の体験を聞く機会や、ロールプレイングを交えた演習を設けています。また、「精神看護学実習」「総合実習」では、臨床体験を通じて、対象者が自らの強みを理解し、自ら回復に向かうための行動をとれるような関わりを学びます。精神看護学を通してどの領域にも通じる普遍的な看護観を身に付けてほしいと思います。

4年間の流れ
1年生 精神看護学概論
2年生: 精神看護対象論
3年生: 精神看護方法論、精神看護学実習
4年生: 総合実習、看護研究

過去の卒業研究テーマ
2014年度:
・初めてアルコール病棟に配属された看護師が感じるストレスの強さとその要因
・発達障害を抱える子どもへの関わり方における家族の感情・葛藤
・地域で暮らす精神障がい体験者は今何に困り、何を必要としているのか―体験者の語りから―
・精神看護学実習での体験や学びが他領域実習に与えた影響―学びや体験が活きたと思う学生の経験から―

2015年度:
・気分障害患者の家族の思いと支援の変化に関する研究〜双極性障害に焦点を当てて〜
・精神科慢性期病棟で勤務する看護師のやりがいに影響する要因 ・親のしつけや養育態度が子に与える影響―看護大学生を対象として−

2016年度:
・精神科急性期病棟において新卒看護師が患者との関わりの上で抱く陰性感情の原因とそのサポート内容と効果
・精神科病棟において1年以上の入院経験のある慢性期総合失調症をもつ対象の入退院に対する思い
・精神看護学実習における学生が抱く不全感
・アスペルガー症候群を抱える対象者の学齢期の生きにくさに対する支援の検討
・精神科熟練ナースの看護観に影響を与えた体験の分析−病院・地域で経験を積んだナースのインタビューから−





top

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.