東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科


学科概要
キャンパスライフ
教育・研究活動
同窓会
オープンキャンパス
入試案内
アクセスマップ

大学院
学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 医学部看護学科 > 教育・研究活動 > 研究活動・小児看護学

研究活動・小児看護学
基礎看護学 看護管理学 成人看護学 老年看護学 精神看護学
小児看護学 母性看護学 地域看護学 在宅看護学 健康科学 疾病・治療学
前に戻る

教員紹介

教 授 講師 助 教
高橋衣 永吉美智枝 瀧田浩平
教員紹介
研究活動

 小児看護学領域では、様々な健康レベルにある小児とその家族、小児が生活する地域社会を対象に研究を行っています。高橋は、小児の子どもの権利擁護に注目した研究活動を行っています。また、看護基礎教育・現任教育における看護倫理教育について注目し継続的に研究を行っています。
永吉は、小児がんなど慢性疾患をもつ子どもの成長発達や育児、乳幼児精神保健、病弱教育との連携、患者家族滞在施設における家族支援と専門性に関する研究を行っています。瀧田は、発達障害児とその親への関わりに注目し、看護師の認識や親のニーズなどについて研究活動を行っています。
詳細な研究活動については下記をご参照ください。

最新の主な研究業績

I.原著論文

1) 高橋 衣:小児看護に携わる看護師の子どもの権利擁護実践に至るプロセス.日本小児看護学会誌.25(2).2016 掲載予定

2) 高橋 衣,濱中喜代:看護師の倫理教育受講経験と子どもの権利擁護実践の現状. ヘルスサイエンス研究.18(1).21-31.2015

3) Michie Nagayoshi, Taiko Hirose, Takahide Omori, et al.: A Prospective Study of Factors Related to Mother-Infant Interaction in One-year-old Infants with Retinoblastoma. Journal of Medical and Dental Sciences.62.103-113.2015

4) 永吉美智枝,廣瀬たい子,丸光惠,他:網膜芽細胞腫の乳幼児と母親の母子相互作用に影響を及ぼす母親の心理的要因. 小児がん看護.6.15-25.2011

II.報告

1) 永吉美智枝,廣瀬幸美:網膜芽細胞腫の患児と家族の看護に関する国内文献の検討. 小児保健研究.74(4).579-587.2015

III.資料

1) 高橋 衣,濱中喜代:看護基礎教育における看護倫理と子どもの権利擁護に関する教育の実態調査. ヘルスサイエンス研究.19(1).25-30.2015

2) 永吉美智枝,廣瀬幸美:網膜芽細胞腫の患児と家族の看護に関する英語論文における文献検討. 家族看護学研究.20(2).125-135.2015

3) 高橋 衣: 過去5年間の看護系大学における「看護倫理」教育に関する文献検討.東京女子医科大学看護学会誌.6(1).81¬-89.2012


学会発表


1) 高橋 衣:「子どもの権利擁護実践に至るプロセス」を発展させる力を強める方略,東京女子医科大学看護学会第11回学術集会,2015.

2) 高橋 衣:子どもに携わる看護師の子どもの権利擁護実践に至るプロセス,日本小児看護学会第24回学術集会,2015.

3) 高橋 衣,嶋澤順子,久保善子他:主体的学習態度を育てるコンピューター試験の導入とその評価,日本看護学教育学会第25回学術集会,2015.

4) 永吉美智枝,東樹京子,鈴木茂伸,他:網膜芽細胞腫の治療を受ける乳幼児を養育する母親の育児ストレス,日本小児がん看護学会第13回学術集会,2015.

5) 永吉美智枝,岡光基子,大森貴秀,他:両眼性網芽細胞腫をもつ1歳児と母親の母子相互作用とその関連要因,日本小児がん看護学会第13回学術集会,2015.

6) 高橋 衣、濱中喜代:看護基礎教育における「看護倫理」と「子どもの権利擁護」の教育の現状,日本小児看護学会第24回学術集会,2014.

7) Nagayoshi M, Hirose Y.:Literature Review of Nursing for Infants with Retinoblastoma and their Families. 46th Congress of the International Society of Paediatric Oncology,2014.

8) 瀧田浩平,濱中喜代:入院中の軽度発達障害児との関わりに対する看護師の認識とその関連要因,第34回日本看護科学学会学術集会,2014.

9) 高橋 衣,濱中喜代:倫理教育受講経験と'子どもの権利'を擁護する看護の現状¬‐印象に残っている内容・事例についての自由記載から‐,日本小児看護学会第23回学術集会,2013.

10) 濱中喜代,高橋 衣,石井まりえ: 難病の子どもの親の会会員の小児慢性特定疾患治療研究事業に対する要望と期待,日本小児看護学会第23回学術集会,2013.

11) 高橋 衣,濱中喜代,石井まりえ:倫理教育受講経験と'子どもの権利'を擁護する看護の現状‐小児看護に携わる看護師に焦点をあてて‐,日本看護科学学会第32回学術集会,2012.

12) 濱中喜代,荒川まりえ,高橋衣:入院している子どもの教育支援のための教育と医療の連携−関東地域の教員に対するインタビュー調査の結果−,日本小児看護学会第22回学術集会,2012.

13) Michie Nagayoshi, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, et al.:Interactions between mother and infant with retinoblastoma: NCAST PCI Teaching Scale assessment (JNCATS). The 14th Biennial NCAST Institute,2011.

14) 濱中喜代,荒川まりえ,高橋衣:入院している子どもの教育支援のための教育と医療の連携−病棟師長・主任に対する全国調査の自由回答から見えてきたこと−,日本育療学会第15回学術集会,2011.



top

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.