教授 西村 理明教授写真

森 豊
根本 昌実

横田 太持

准教授

藤本 啓

坂本 昌也

講師 加藤 秀一
的場 圭一郎
助教 44名
大学院生 5名
講座(研究室)の概要
昭和39年 青戸病院内科学講座創設 初代主任教授 阿部正和
昭和43年 本院へ移動、第四内科学講座に改称
昭和48年 阿部正和教授を学会長として、第16回日本糖尿病学会年次学術集会を開催
昭和51年 第三内科学教室へ改称 (通称 阿部内科)
昭和59年 磯貝行秀、第2代 第三内科学講座主任教授に就任
平成7年 酒井 紀(第二内科学講座主任教授)、第三内科学講座主任教授を兼任
平成8年 内科学講座第3へ改称
附属病院にて診療科別診療体制が開始される
平成9年 田嶼尚子、内科学講座第3主任教授に就任
平成12年 ナンバー講座廃止に伴い、糖尿病・代謝・内分泌内科へと改称
平成17年 田嶼尚子教授を学会長として、第49回日本糖尿病学会年次学術集会を開催
平成22年 宇都宮一典、第2代 糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授に就任
平成30年 宇都宮一典教授を学会長として、第61回日本糖尿病学会年次学術集会を開催
平成31年 西村理明、第3代 糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授・講座担当教授に就任
大学院教育・研究について
大学トップ > 大学院 > 医学研究科・研究対応部門 > 糖尿病・内分泌内科学
講座(研究室)からのメッセージ
こちらをご参照ください。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

ユニット:栄養科学 3年
ユニット:内分泌・代謝・栄養 4年
ユニット:内分泌・代謝・栄養 5年

実習科目名称と対象学年

コース:臨床医学 I - III 6年
ユニット:症候から病態へ 4年
ユニット:ケースカンファレンス4年
ユニット:チュートリアル 4年
ユニット:基本的臨床技能実習 4年
ユニット:クリニカルクラークシップ 4・5年
ユニット:選択実習 6年

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 > 糖尿病・内分泌内科学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
こちらをご参照ください。
▲ このページのトップへ
主な業績
【原著論文】

1.Nagai Y, Matoba K, Kawanami D, Takeda Y, Akamine T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K, Nishimura R. ROCK2 regulates TGF-β-induced expression of CTGF and profibrotic genes via NF-κB and cytoskeleton dynamics in the mesangial cells.Am J Physiol Renal Physiol. 2019 Jul 31. doi: 10.1152/ajprenal.00596.2018. [Epub ahead of print]

2.Takeda Y, Matoba K, Kawanami D, Nagai Y, Akamine T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K. ROCK2 Regulates Monocyte Migration and Cell to Cell Adhesion in Vascular Endothelial Cells. Int J Mol Sci. 2019 Mar 16;20(6). pii: E1331. doi: 10.3390/ijms20061331.

3.Takahashi H, Nishimura R, Tsujino D, Utsunomiya K. Which is better, high-dose metformin monotherapy or low-dose metformin/linagliptin combination therapy, in improving glycemic variability in type 2 diabetes patients with insufficient glycemic control despite low-dose metformin monotherapy? A randomized, cross-over, continuous glucose monitoring-based pilot study. J Diabetes Investig. 2019 May;10(3):714-722. doi: 10.1111/jdi.12922.

4.Matsutani D, Sakamoto M, Minato S, Kayama Y, Takeda N, Horiuchi R, Utsunomiya K. Visit-to-visit HbA1c variability is inversely related to baroreflex sensitivity independently of HbA1c value in type 2 diabetes. Cardiovasc Diabetol. 2018 Jul 10;17(1):100. doi: 10.1186/s12933-018-0743-7.

5.Mitsuishi S, Nishimura R, Harashima SI, Kawamura T, Tsujino D, Koide K, Nishimura A, Utsunomiya K, Inagaki N, Atsumi Y. The Effect of Novel Glucose Monitoring System (Flash Glucose Monitoring) on Mental Well-being and Treatment Satisfaction in Japanese People with Diabetes. Adv Ther. 2018 Jan;35(1):72-80. doi: 10.1007

6.Matsutani D, Sakamoto M, Iuchi H, Minato S, Suzuki H, Kayama Y, Takeda N, Horiuchi R, Utsunomiya K. Glycemic variability in continuous glucose monitoring is inversely associated with baroreflex sensitivity in type 2 diabetes: a preliminary report. Cardiovasc Diabetol. 2018 Mar 7;17(1):36.

7.Ohashi K, Hayashi T, Watanabe Y, Hara K, Ukichi R, Asano H, Suzuki H, Yamashiro K, Tojo K, Sakamoto M, Utsunomiya K. Primary Aldosteronism With Type 2 Diabetes Mellitus Requires More Antihypertensive Drugs for Blood Pressure Control: A Retrospective Observational Study. J Clin Med Res. 2018 Jan;10(1):56-62.

8.Hayashi T, Shibata H, Kurihara I, Yokota K, Mitsuishi Y, Ohashi K, Murai-Takeda A, Jo R, Ohyama T, Sakamoto M, Tojo K, Tajima N, Utsunomiya K, Itoh H. High Glucose Stimulates Mineralocorticoid Receptor Transcriptional Activity Through the Protein Kinase Cβ Signaling. Int Heart J. 2017 Oct 21;58(5):794-802.

9.Tsujino D, Nishimura R, Onda Y, Seo C, Ando K, Utsunomiya K. Biphasic insulin aspart-30 reduces glycemic variability to a greater degree than insulin detemir: A randomized controlled trial of once-daily insulin regimens using continuous glucose monitoring. J Diabetes Investig. 2017 Sep 16. doi: 10.1111/jdi.12747. [Epub ahead of print

10.Matoba K, Kawanami D, Nagai Y, Takeda Y, Akamine T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Utsunomiya K. Rho-Kinase Blockade Attenuates Podocyte Apoptosis by Inhibiting the Notch Signaling Pathway in Diabetic Nephropathy. Int J Mol Sci. 2017 Aug 18;18(8). pii: E1795.

11. Takahashi H, Nishimura R, Onda Y, Ando K, Tsujino D, Utsunomiya K. Prediction of nocturnal hypoglycemia unawareness by fasting glucose levels or post-breakfast glucose fluctuations in patients with type 1 diabetes receiving insulin degludec: A pilot study. PLoS One. 2017 Jul 6;12(7):e0177283.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○西村理明 科学研究費 基盤C 平成30〜32年度
新潟県の中学生における脂肪肝指数とインスリン抵抗性に関する地域研究

○藤本 啓 科学研究費 基盤C 平成30〜32年度
膵α細胞におけるPKCδ依存性グルカゴン分泌機序の解明

○的場圭一郎 科学研究費 若手研究 平成30〜31年度
糖尿病腎症における糸球体メサンギウム細胞ROCK1の意義

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

http://www.diabendo.jp/

▲ このページのトップへ