教授 宇都宮 一典教授写真

島田 孝夫
池本 卓
成宮 学
森 豊
東條 克能
准教授

根本 昌実
横田 太持
西村 理明

藤本 啓

講師 加藤 秀一
坂本 昌也
川浪 大治
助教 44名
大学院生 5名
講座(研究室)の概要
昭和39年 青戸病院内科学講座創設 初代主任教授 阿部正和
昭和43年 本院へ移動、第四内科学講座に改称
昭和48年 阿部正和教授を学会長として、第16回日本糖尿病学会年次学術集会を開催
昭和51年 第三内科学講座へ改称 (通称 阿部内科)
昭和59年 磯貝行秀、第2代 第三内科学講座主任教授に就任
平成7年 酒井 紀(第二内科学講座主任教授)、第三内科学講座主任教授を兼任
平成8年 内科学講座第3へ改称
附属病院にて診療科別診療体制が開始される
平成9年 田嶼尚子、内科学講座第3主任教授に就任
平成12年 ナンバー講座廃止に伴い、糖尿病・代謝・内分泌内科へと改称
平成17年 田嶼尚子教授を学会長として、第49回日本糖尿病学会年次学術集会を開催
平成22年 宇都宮一典、第2代 糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授に就任
大学院教育・研究について
大学トップ > 大学院 > 医学研究科・研究対応部門 > 糖尿病・内分泌内科学
講座(研究室)からのメッセージ
こちらをご参照ください。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

ユニット:内分泌・代謝・栄養 4年
ユニット:内分泌系 2年
ユニット:臨床医学演習 4年
ユニット:医学統計学II演習 3年

実習科目名称と対象学年

ユニット:選択実習 6年
ユニット:臨床実習 5年
ユニット:チュートリアル 4年
ユニット:診断系実習 4年
ユニット:基本的臨床技能実習 4年

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 > 糖尿病・内分泌内科学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
こちらをご参照ください。
▲ このページのトップへ
主な業績
【原著論文】

1.Ando K, Nishimura R, Seo C, Tsujino D, Sakamoto M, Utsunomiya K.
Comparing postprandial efficacy in type 2 diabetic patients receiving mitiglinide and sitagliptin by using continuous glucose monitoring: a pilot study.
Expert Opin Pharmacother. 2014;15(17):2479-85.

 

2.Matoba K, Kawanami D, Tsukamoto M, Kinoshita J, Ito T, Ishizawa S, Kanazawa Y, Yokota T, Murai N, Matsufuji S, Utsunomiya K.
Rho-kinase regulation of TNF-α-induced nuclear translocation of NF-κB RelA/p65 and M-CSF expression via p38 MAPK in mesangial cells.
Am J Physiol Renal Physiol. 2014;307(5):F571-80.

 

3.Mori Y, Aritomi S, Niinuma K, Nakamura T, Matsuura K, Yokoyama J, Utsunomiya K.
Additive effects of cilnidipine, an L-/N-type calcium channel blocker, and an angiotensin II receptor blocker on reducing cardiorenal damage in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats with type 2 diabetes mellitus.
Drug Des Devel Ther. 2014;8:799-810.

 

4.Ishizawa S, Takahashi-Fujigasaki J, Kanazawa Y, Matoba K, Kawanami D, Yokota T, Iwamoto T, Tajima N, Manome Y, Utsunomiya K.
Sphingosine-1-phosphate induces differentiation of cultured renal tubular epithelial cells under Rho kinase activation via the S1P2 receptor.
Clin Exp Nephrol. 2014;18(6):844-52.
 
5.Kinoshita J, Takahashi Y, Watabe AM, Utsunomiya K, Kato F.
Mol Pain. 2013;9:59.
Impaired noradrenaline homeostasis in rats with painful diabetic neuropathy as a target of duloxetine analgesia.

 

6.Ando K, Nishimura R, Tsujino D, Seo C, Utsunomiya K.
24-hour glycemic variations in drug-naïve patients with type 2 diabetes: a continuous glucose monitoring (CGM)-based study.
PLoS One. 2013;8(7):e71102.

 

7.Mori Y, Ohta T, Yokoyama J, Utsunomiya K.
 Effects of low-carbohydrate/high-monounsaturated fatty acid liquid diets on diurnal glucose variability and insulin dose in type 2 diabetes patients on tube feeding who require insulin therapy.
Diabetes Technol Ther. 2013;15(9):762-7. doi: 10.

 

8.Morimoto A, Onda Y, Nishimura R, Sano H, Utsunomiya K, Tajima N; Diabetes Epidemiology Research International Mortality Study Group.
Cause-specific mortality trends in a nationwide population-based cohort of childhood-onset type 1 diabetes in Japan during 35 years of follow-up: the DERI Mortality Study.
Diabetologia. 2013;56(10):2171-5.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

〇西村理明 科学研究費 基盤研究C  平成26年度-28年度
小児におけるインスリン抵抗性と摂取する脂肪酸の種類との関連の検討

 

〇藤本 啓 科学研究費 基盤研究C 平成25年〜27年度
GlucolipotoxicityにおけるPKCδ依存性β細胞死

 

〇坂本昌也 ソルト・サイエンス研究財団 平成27年度
食塩感受性ラットにおける血圧変動増大による糖代謝への影響

〇川浪大治 上原記念生命科学財団研究助成金 平成26年 
ROCK2による糖尿病腎症進展制御機構の解明

 

〇鈴木博史 科学研究費 若手研究B 平成27年度-29年度
糖尿病性心筋症の発症における12-Lipoxygenaseのシグナル伝達機構

 

〇的場 圭一郎 かなえ医薬振興財団海外留学助成 平成26年
糖尿病腎症の発症進展過程におけるマクロファージKLF4 の役割

 

〇的場 圭一郎 上原記念生命科学財団海外留学助成リサーチフェローシップ 平成26年
マクロファージKLF4を介した糖尿病腎症進展機構の解明

 

〇井内裕之 学術振興会特別研究DC1 平成27年度-29年度
血圧変動、血糖変動の共通メカニズムの解明

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

http://www.diabendo.jp/

▲ このページのトップへ