センター長

近藤一博

教授

柳澤裕之(副学長)
大橋十也(副学長)
安保雅博(リハビリテーション医学講座)
岡本愛光(産婦人科学講座)
近藤一博(ウイルス学講座)
教授写真
繁田雅弘(精神医学講座)
松浦知和(臨床検査医学講座)
濱裕宣(栄養部課長)
横山啓太郎(大学直属教授)

准教授 有廣誠二 (消化器肝臓内科)
研究センターの概要
 現代社会では「疲労」が、心身の機能・活力を低下させ、うつ病や自殺、心臓・脳血管障害、生活習慣病などの健康障害をもたらすことが大きな問題となっている。疲労の機序や疾患との関係など、疲労のメカニズムは不明な点が多く、有効な検査法や確実な予防法もない。本研究センターでは、疲労そのものや疲労に起因する疾患の、分子機構を解明することを最大の目的とする。また、この分子機構研究を応用して、疲労の有効な検査法を確立し、疲労を予防する方法を開発することで、国民の健康や活力の増進に寄与することを目的とする。
 本研究センターは、基礎研究と精神医学的な分子機構の研究を行う疲労機構研究部門と、社会疲労や臨床疲労を扱う疲労応用研究部門からなる。両部門は連携し、) 疲労の分子機構の解明、) 分子機構に裏付けされた疲労バイオマーカーの確立と客観的な測定法の開発、これらの成果を利用した、)疲労によって発症または増悪する疾患の発症機構の解明、) 抗疲労効果をもつ栄養成分の同定などによる疲労の予防法の開発などの研究に取り組んでいる。
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究成果報告
 平成24年度から平成28年度まで私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「疲労の分子機構の解明による健康の維持と増進を目的とする医学研究拠点の形成」が行われました。

研究成果報告書(pdf)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
1. 唾液中HHV-6、7による疲労測定法の確立
2. 疲労のシグナル伝達経路と原因物質の解明
3. 疲労回復因子の同定と疲労回復機構の解明
4. 疲労によるうつ病発症機構の解明
5. 疲労のアルツハイマー病発症への影響の解明
6. 疲労バイオマーカーによる労働者の疲労の鑑別とうつ病発症の危険性の予測に関する研究
7. 亜鉛欠乏症と疲労との関係の解明
8. がん患者の疲労および抗がん剤による疲労の発生機構と予防法に関する研究
9. 疲労と炎症性腸疾患との関係の解明
10. 疲労と更年期障害との関係に関する研究
11. 疲労が不妊に与える影響の解明
12. 疲労が妊娠・出産に与える影響の解明
13. 疲労と呼吸器疾患との関係の解明
14. 睡眠時無呼吸症候群と疲労との関係に関する研究
15. 疲労バイオマーカーを利用した疲労の予防・回復法の開発
16. 疲労バイオマーカーによる運動療法の評価法の確立
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. Kobayashi N, Shinagawa S, Nagata T, Tagai K, Shimada K, Ishii A, Oka N, Shigeta M, Kondo K. Blood DNA Methylation Levels in the WNT5A Gene Promoter Region: A Potential Biomarker for Agitation in Subjects with Dementia. J Alzheimers Dis 2021;81(4): 1601-11.
  2. Kobayashi N, Oka N, Takahashi M, Shimada K, Ishii A, Tatebayashi Y, Shigeta M, Yanagisawa H, Kondo K. Human Herpesvirus 6B Greatly Increases Risk of Depression by Activating Hypothalamic-Pituitary -Adrenal Axis during Latent Phase of Infection. iScience 2020;23(6): 101187.
  3. Kobayashi N, Shinagawa S, Niimura H, Kida H, Nagata T, Tagai K, Shimada K, Oka N, Shikimoto R, Noda Y, Nakajima S, Mimura M, Shigeta M, Kondo K. Increased blood COASY DNA methylation levels a potential biomarker for early pathology of Alzheimer's disease. Sci Rep 2020;10(1): 12217.
  4. Kobayashi N, Arihiro S, Shimada K, Hoshino A, Saijo H, Oka N, Saruta M, Kondo K. Activating transcription factor 3 (ATF3) as a perspective biomarker of Crohn’s disease. European Journal of Inflammation 2020;18: 1-8.
  5. Kobayashi N, Nishiyama T, Yamauchi T, Shimada K, Suka M, Kondo K, Yanagisawa H. Attenuation of human herpesvirus 6B reactivation by aging. J Med Virol 2019;91(7): 1335-41.
  6. Yanagisawa H, Seki Y, Yogosawa S, Takumi S, Shimizu H, Suka M. Potential role of mitochondrial damage and S9 mixture including metabolic enzymes in ZnO nanoparticles-induced oxidative stress and genotoxicity in Chinese hamster lung (CHL/IU) cells. Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2018;834: 25-34.
  7. Suzuki K, Kobayashi N, Ogasawara Y, Shimada T, Yahagi Y, Sugiyama K, Takahara S, Saito T, Minami J, Yokoyama H, Kamiyama Y, Katsube A, Kondo K, Yanagisawa H, Aiba K, Yano S. Clinical significance of cancer-related fatigue in multiple myeloma patients. Int J Hematol 2018;108(6): 580-87.
  8. Aoki R, Kobayashi N, Suzuki G, Kuratsune H, Shimada K, Oka N, Takahashi M, Yamadera W, Iwashita M, Tokuno S, Nibuya M, Tanichi M, Mukai Y, Mitani K, Kondo K, Ito H, Nakayama K. Human herpesvirus 6 and 7 are biomarkers for fatigue, which distinguish between physiological fatigue and pathological fatigue. Biochemical and biophysical research communications 2016;478(1): 424-30.
  9. Suka M, Taniuchi A, Igarashi S, Yanagisawa H, Ishizuka B. Menopause-specific health literacy in Japanese women. Maturitas 2016;91: 51-9.
  10. Yanagisawa H, Kawashima T, Miyazawa M, Ohshiro T. Validity of the copper/zinc ratio as a diagnostic marker for taste disorders associated with zinc deficiency. J Trace Elem Med Biol 2016;36: 80-3.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する研究)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応可能な基盤技術の開発「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症として生じるうつ症状と疲労の予防および治療を目指した発生機構解明」(2021、研究代表者:近藤一博)
  • 科学研究費助成事業(基盤研究(B))「うつ病リスクの低減を目的とした脳疲労の発生・回復メカニズムの解明」 (2019-2021、研究代表者:近藤一博)
▲ このページのトップへ
 
ホームページ
私立大学研究ブランディング事業 ホームページ
http://www.jikei.ac.jp/branding/2017/evidence-based-methods.html
▲ このページのトップへ