センター長

柳澤 裕之

教授写真
教授 柳澤裕之 (環境保健医学講座)
安保雅博 (リハビリテーション医学講座)
井田博幸 (小児科学講座)
宇都宮一典 (糖尿病・代謝・内分泌内科)
大橋十也 (遺伝子治療研究部)
岡本愛光 (産婦人科学講座)
桑野和善 (呼吸器内科)
近藤一博 (ウイルス学講座)
竹森 重 (分子生理学講座)
中川秀己 (皮膚科学講座)
橋本和弘 (心臓外科学講座)
福島 統 (教育センター)
丸毛啓史 (整形外科学講座)
吉村道博 (循環器内科)
准教授 荒屋 潤 (呼吸器内科)
講師 有廣誠二 (消化器肝臓内科)
村井法之 (分子生物学講座)
研究センターの概要
現代社会では「疲労」が、心身の機能・活力を低下させ、うつ病や自殺、心臓・脳血管障害、生活習慣病などの健康障害をもたらすことが大きな問題となっている。疲労の機序や疾患との関係など、疲労のメカニズムは不明な点が多く、有効な検査法や確実な予防法もない。本研究センターでは、疲労そのものや疲労に起因する疾患の、分子機構を解明することを最大の目的とする。また、この分子機構研究を応用して、疲労の有効な検査法を確立し、疲労を予防する方法を開発することで、国民の健康や活力の増進に寄与することを目的とする。
本研究センターは、基礎研究と精神医学的な分子機構の研究を行う疲労機構研究部門と、社会疲労や臨床疲労を扱う疲労応用研究部門からなる。両部門は連携し、) 疲労の分子機構の解明、) 分子機構に裏付けされた疲労バイオマーカーの確立と客観的な測定法の開発、これらの成果を利用した、)疲労によって発症または増悪する疾患の発症機構の解明、) 抗疲労効果をもつ栄養成分の同定などによる疲労の予防法の開発などの研究に取り組んでいる。
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究成果報告
 平成24年度から平成28年度まで私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「疲労の分子機構の解明による健康の維持と増進を目的とする医学研究拠点の形成」が行われました。

研究成果報告書(pdf)
▲ このページのトップへ
教育担当
▲ このページのトップへ
大学院担当
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
1. 唾液中HHV-6、7による疲労測定法の確立
2. 疲労のシグナル伝達経路と原因物質の解明
3. 疲労回復因子の同定と疲労回復機構の解明
4. 疲労によるうつ病発症機構の解明
5. 疲労のアルツハイマー病発症への影響の解明
6. 疲労バイオマーカーによる労働者の疲労の鑑別とうつ病発症の危険性の予測に関する研究
7. 亜鉛欠乏症と疲労との関係の解明
8. がん患者の疲労および抗がん剤による疲労の発生機構と予防法に関する研究
9. 疲労と炎症性腸疾患との関係の解明
10. 疲労と更年期障害との関係に関する研究
11. 疲労が不妊に与える影響の解明
12. 疲労が妊娠・出産に与える影響の解明
13. 疲労と呼吸器疾患との関係の解明
14. 睡眠時無呼吸症候群と疲労との関係に関する研究
15. 疲労バイオマーカーを利用した疲労の予防・回復法の開発
16. 疲労バイオマーカーによる運動療法の評価法の確立
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Aoki R, Kobayashi N, Suzuki G, Kuratsune H, Shimada K, Oka N, Takahashi M, Yamadera W, Iwashita M, Tokuno S, Nibuya M, Tanichi M, Mukai Y, Mitani K, Kondo K, Ito H, Nakayama K. Human herpesvirus 6 and 7 are biomarkers for fatigue, which distinguish between physiological fatigue and pathological fatigue. Biochemical and biophysical research communications 2016;478(1): 424-30.
2. Sakae K, Yanagisawa H. Continuous follow-up with polaprezinc (zinc-L-carnosine complex) after oral treatment with L-carnosine for pressure ulcers. Biomedical Research on Trace Elements 2016;26(4): 174-80.
3. Suka M, Taniuchi A, Igarashi S, Yanagisawa H, Ishizuka B. Menopause-specific health literacy in Japanese women. Maturitas 2016;91: 51-9.
4. Yanagisawa H, Kawashima T, Miyazawa M, Ohshiro T. Validity of the copper/zinc ratio as a diagnostic marker for taste disorders associated with zinc deficiency. J Trace Elem Med Biol 2016;36: 80-3.
5. Kobayashi N, Shinagawa S, Nagata T, Shimada K, Shibata N, Ohnuma T, Kasanuki K, Arai H, Yamada H, Nakayama K, Kondo K. Development of Biomarkers Based on DNA Methylation in the NCAPH2/LMF2 Promoter Region for Diagnosis of Alzheimer's Disease and Amnesic Mild Cognitive Impairment. PloS one 2016;11(1): e0146449.
6. Osaki T, Morikawa T, Kajita H, Kobayashi N, Kondo K, Maeda K. Caregiver burden and fatigue in caregivers of people with dementia: Measuring human herpesvirus (HHV)-6 and -7 DNA levels in saliva. Arch Gerontol Geriatr 2016;66: 42-48.
7. Kobayashi N, Shinagawa S, Nagata T, Shimada K, Shibata N, Ohnuma T, Kasanuki K, Arai H, Yamada H, Nakayama K, Kondo K. Usefulness of DNA Methylation Levels in COASY and SPINT1 Gene Promoter Regions as Biomarkers in Diagnosis of Alzheimer's Disease and Amnestic Mild Cognitive Impairment. PloS one 2016;11(12): e0168816.
8. Yanagisawa H, Kido T, Yogosawa S, Sato O, Sakae K, Suka M. Inadequate intake of zinc exacerbates blood pressure and renal function via superoxide radical-induced oxidative stress. Biomedical Research on Trace Elements 2015;26(3): 117-23.
9. Fukuda S, Koyama H, Kondo K, Fujii H, Hirayama Y, Tabata T, Okamura M, Yamakawa T, Okada S, Hirata S, Kiyama H, Kajimoto O, Watanabe Y, Inaba M, Nishizawa Y. Effects of nutritional supplementation on fatigue, and autonomic and immune dysfunction in patients with end-stage renal disease: a randomized, double-blind, placebo-controlled, multicenter trial. PloS one 2015;10(3): e0119578.
10. Ito T, Urushima H, Sakaue M, Yukawa S, Honda H, Hirai K, Igura T, Hayashi N, Maeda K, Kitagawa T, Kondo K. Reduction of adverse effects by a mushroom product, active hexose correlated compound (AHCC) in patients with advanced cancer during chemotherapy--the significance of the levels of HHV-6 DNA in saliva as a surrogate biomarker during chemotherapy. Nutrition and cancer 2014;66(3): 377-82.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成24〜28年度)
「疲労の分子機構の解明による健康の維持と増進を目的とする医学研究拠点の形成」
研究代表者: 柳澤裕之
▲ このページのトップへ