学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報

お問い合せ サイトマップ トップページ

各診療科プログラム
腎臓・高血圧内科
柏病院 腎臓・高血圧内科 前に戻る
■柏病院初期臨床研修医募集要項募集案内
診療部・科
腎臓・高血圧内科
診療部長
小倉 誠
臨床研修到達目標(選択科目履修1〜3ヵ月分)
1. 一般目標(GIO)
  一般臨床医としてプライマリ・ケアに必要とされる内科の基本的知識と検査・診療手技を身につけると同時に、腎尿路の構造と機能および各種腎疾患・高血圧の病態生理を理解し、正しい診断と適切な治療法に到達する能力を習得する。
2. 行動目標(SBO)(経験目標)
  腎臓・高血圧内科の行動目標としては、以下のようになる。
1) 尿の一般検査(蛋白尿、血尿、尿沈渣)を行い、結果の意義を解釈できる。
2) 血液生化学検査から腎機能、水・電解質の異常を指摘できる。
3) 血清免疫学的検査を適切に指示し、異常を指摘できる。
4) 腎機能検査(クレアチニン・クリアランス、尿蛋白および尿中電解質の定量、尿中β2m、尿中NAG、FENa、尿濃縮能)を指示し、成績を解釈できる。
5) 動脈採血により血液ガス分析を施行することができ、結果を解釈できる。
6) 腎臓・腎血管系の画像検査(KUB、IVP、ECHO、CT、MRI、腎血管撮影、アイソトープ検査)を適切に指示し、結果を解釈できる。
7) 腎生検の意義と適応を理解し、腎生検標本を判読できる。
8) 水・電解質代謝の基本理論、輸液の種類と適応を述べ、輸液する薬液とその量を決定できる。
9) 導尿を安全かつ確実に行える。導尿に関連する障害を列挙し、その予防策を講じることができる。
10) 持続的導尿(バルーンカテーテルの留置)を施行かつ管理することができ、これを中止する条件をのべることができる。
11) 緊急性のある高カリウム血症に対する治療法を列挙でき、適切な処置を行うことができる。
12) 緊急透析が必要な患者の病態を列挙することができる。
13) 下記の治療法の理論的背景と禁忌を理解し、その副作用、合併症を熟知したうえで、これに適切に対応することができる。
 
(1) 生活指導と管理
(2) 食事療法:低蛋白食、低リン食、減塩食
(3) 薬物療法:降圧薬、利尿薬、副腎皮質ステロイド薬(パルス療法を含む)、免疫抑制薬(パルス療法を含む)、抗凝固薬、抗血小板薬。腎機能低下例に対する薬物動態理論。
(4) 血液浄化法:血液透析法、腹膜透析法(CAPDを含む)、血漿交換法、血液吸着法
(5) 腎移植:生体腎移植、死体腎移植
3. プログラム
 
1) 1ヶ月目(病棟および透析室研修) 指導医の下に、腎臓・高血圧内科入院患者の主治医となり、その内科管理を 習得する。また、透析室で維持透析患者の管理を行う。
(1) 受け持ち患者に対しては、的確な病歴聴取・身体診察・臨床検査から、的確な病態把握を常に心がける。
(2) 腎炎・ネフローゼ症候群などに対する腎生検の適応を習得し、その準備と介助を行う。
(3) 慢性腎不全例の透析導入の適応を習得する。
(4) 維持透析患者のシャント穿刺および透析中の管理を行う。
(5) 当直勤務を経験する。
(6) 内科救急処置を習得する。
2) 2ヶ月目(病棟および透析室研修)
指導医の下に、腎臓・高血圧内科入院患者の主治医として、引き続きその内科管理および透析室での維持透析管理を習得する。
上記の(1)から(6)に加えて
(7) 病理医とともに腎生検の標本を判読し、解釈する。
(8) 透析導入後、血液透析、CAPDそれぞれの管理を習得する。
(9) 内シャント作製、CAPDカテーテル挿入などの手術を見学する。
(10) 急性腎不全例の病態の把握と治療方針を習得する。
3) 3ヶ月目(病棟および透析室研修)
指導医の下に、腎臓・高血圧内科入院患者の主治医として、引き続きその内科管理および透析室での維持透析管理を習得する。
上記の(7)から(10)に加えて、
(11) 腎生検の組織解釈をもとにした治療方針を習得する。
(12) 維持透析例の各種合併症に対する対処を習得する。
(13) 急性腎不全例に対する、緊急血液透析や持続血液濾過透析などの適応および管理を習得する。

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.