学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報

お問い合せ サイトマップ トップページ

各診療科プログラム
救急部
柏病院 救急部 前に戻る
■柏病院初期臨床研修医募集要項募集案内
診療部・科
救急部
診療部長
奥野 憲司
臨床研修到達目標(基本研修科目履修2ケ月分)
すべての疾患に対して、重症度、緊急度を鑑別診断し、適切な初期対応ができること。生涯学習の基本姿勢を身につける。
1. 一般目標(GIO)
 
1) 自分自身が医学部、医師を目指した初心を思い起こし、「組織」の中で勤労する一社会人としての良識を身につける。
2) 救急医療を内包するプライマリ・ケアの基本的技能の修得を目指す。
3) 多くの患者と接し、求められる医師としての心・技・体を鍛錬する。
4) 救急患者に対応できる技能・体力・集中力を持つ総合臨床医を目指す。
5) 救急医療がチームワークの上に成り立つことを理解する。
2. 行動目標(SBO)(経験目標)
 
1) 救急部指導医師のもとで臨床研修を行う。
2) 患者の安全、プライバシーを守る。患者中心の医療に徹する。
3) あらゆる救急疾患の病態の概略を理解するように努め、それぞれの疾患の初期治療を行う。特に小児救急においては、小児科指導医の指示を受ける。
4) 救急患者の医療情報の収集・整理・伝達の方法・手技、とくに正確な伝達能力を身につける。
 
(1) 救急連絡への適切な対応を身につける。二次・三次ホットラインの持つ社会的意義について考える。
(2) 「広域災害発生時」の方策(ライフラインの確保など)を考える。
(3) 病着した救急隊員からの適確な医療情報の聴取、丁寧迅速な対応。
(4) 症例検討会での適切な表現能力を身につける。
(5) 迅速な理学的診察、バイタルサイン診察方法(rule of ten seconds)を体得する。
(6) 救急患者の診療記録(カルテ)を的確に記載する技能を身につける。
(7) 患者の病態・診断・治療方針について自らの意見を指導医へ報告する能力を身につける。
(8) 病院内各部門の医療スタッフの仕事を理解し協調能力を身につける。
(9) 救急臨床実習学生に適切な指導ができる。
(10) 最重症救急への初期治療ができる。
1: 心肺蘇生を体得する。
 
a. 1次的救命処置BLS(basic life support) 
b. 2次的救命処置ALS(advanced life support)
2: 外因性疾患への社会的対応を学ぶ(警察、保健所、児童福祉相談所など)。
(11) 緊急手術への参加。
3. プログラム
 
1) 第1週
(1) 適切なカルテ記載を習得する。
(2) 迅速な基本的診察方法を習得する。
(3) 基本的な外科的処置を学ぶ。
(4) 緊急時の心電図、胸部XP、頭部CT、腹部エコーなどの補助診断を学習する。
(5) 入院患者の情報の正しい連絡技能を学習する。
(6) 受け持ち救急患者のプレゼンテーションを行う。
(7) 患者情報を救急部スタッフルームのPCへ入力する。
(8) 入院患者の治療・処置を行う。
2) 第2週
 
(1) 第1週の内容を継続する。
(2) 柏消防本部及び近隣消防本部、二次応需病院からのホットライン対応を行う。
(3) 救急車同乗研修を行う。
(4) 腹部エコーを行う。緊急内視鏡検査、緊急手術、IVRへの参加。
3) 第3週
 
(1) 第1週の内容を継続する。
(2) 救急部指導医の行う研修医のための講義に出席する。
(3) 小児科救急へ参加する。
4) 第4週
 
(1) 受け持ち患者の症例報告を行う。
5) 第5〜7週
 
(1) 初期治療に対応できる。特殊感染症への対応を理解できる。
(2) 救急疾患の鑑別診断を重症度緊急度別に、指導医に説明することができる。
(3) 救急医療のリーダーのあるべき基本姿勢を説明できる。
6) 第8週
 
(1) 社会常識を学ぶ。医療における迅速性、生涯学習の姿勢を身につける。
4. 経験しなければならない手技
 
(1) 気道確保を実施できる。
(2) 気管内挿管を実施できる。
(3) 人工呼吸を実施できる。
(4) 心マッサージを実施できる。
(5) 除細動を実施できる。
(6) 静脈路確保、中心静脈確保を実施できる。
(7) 緊急薬剤(心血管作動薬、抗不整脈薬、抗ケイレン薬)が使用できる。
(8) 採血法(静脈血、動脈血)を実施できる。
(9) 導尿法を実施できる。
(10) 胃管の挿入と管理
(11) 皮膚縫合、創部消毒、ガーゼ交換
(12) 緊急輸血ができる。
臨床研修到達目標(選択研修科目履修1〜3ケ月)
すべての疾患に対して、重症度、緊急度を鑑別診断し、適切な初期対応ができること。生涯学習の基本姿勢を身につける。
1. 一般目標(GIO)
 
1) 自分自身が医学部、医師を目指した初心を思い起こし、「組織」の中で勤労する一社会人としての良識を身につける。
2) 救急医療を内包するプライマリ・ケアの基本的技能の修得を目指す。
3) 多くの患者と接し、求められる医師としての心・技・体を鍛錬する。
4) 救急患者に対応できる技能・体力・集中力を持つ総合臨床医を目指す。
5) 救急医療がチームワークの上に成り立つことを理解する。
2. 行動目標(SBO)(経験目標)
 
1) 救急部指導医師のもとで臨床研修を行う。
2) 患者の安全、プライバシーを守る。患者中心の医療に徹する。
3) あらゆる救急疾患の病態の概略を理解するように努め、それぞれの疾患の初期治療を行う。特に小児救急においては、小児科指導医の指示を受ける。
4) 救急患者の医療情報の収集・整理・伝達の方法・手技、とくに正確な伝達能力を身につける。
 
(1) 救急連絡への適切な対応を身につける。二次・三次ホットラインの持つ社会的意義について考える。
(2) 「広域災害発生時」の方策(ライフラインの確保など)を考える。
(3) 病着した救急隊員からの適確な医療情報の聴取、丁寧迅速な対応。
(4) 症例検討会での適切な表現能力を身につける。
(5) 迅速な理学的診察、バイタルサイン診察方法(rule of ten seconds)を体得する。
(6) 救急患者の診療記録(カルテ)を的確に記載する技能を身につける。
(7) 患者の病態・診断・治療方針について自らの意見を指導医へ報告する能力を身につける。
(8) 病院内各部門の医療スタッフの仕事を理解し協調能力を身につける。
(9) 救急臨床実習学生に適切な指導ができる。
(10) 最重症救急への初期治療ができる。
1: 心肺蘇生を体得する。
 
a. 1次的救命処置BLS(basic life support) 
b. 2次的救命処置ALS(advanced life support)
2: 外因性疾患への社会的対応を学ぶ(警察、保健所、児童福祉相談所など)。
(11) 緊急手術の参加。
(12) 入院患者の管理法を身につける。
3. プログラム
 
1) 1ヵ月
(1) 指導医師のもと、救急入院患者を担当する。
2) 2ヵ月
 
(1) 指導医師のもと、研修医講義の準備をする。
3) 3ヵ月
 
(1) 院内救急システムに、参画する。
(2) 広域災害時のトリアージ訓練に参加する
(3) 指導医師のもと研修医カリキュラム改定に参画し提案する。
(4) 小児科指導医のもと、救急入院患者の回診に参加する。
(5) 救急部指導医の一員として、救急医療に参加する。また指導者的立場として当直勤務に組み込み1年次研修教育に参加する。
4) 経験しなければならない病態
 
(1) 心肺停止
(2) ショック
(3) 意識障害
(4) 脳血管障害
(5) 急性心不全
(6) 急性冠症候群
(7) 急性腹症
(8) 急性呼吸不全
(9) 急性消化管出血
(10) 急性腎不全
(11) 外傷
(12) 急性中毒
(13) 熱傷
(14) 産科救急<産婦人科研修にて>
(15) 精神科救急

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.