活動報告 Activity Report

活動報告

2023年3月18日
第10回 日本臨床倫理学会

・瀬戸悠介医師、村瀬樹太郎医師が「胃癌・肝転移の末期の状態であったが、本人が病名の告知を希望せず、治療法や療養場所などを決定していくことに苦慮した症例」を発表しました。

2023年1月30日
RA診療連携を考える会In多摩(主催:ギリアド・サイエンシズ株式会社/エーザイ株式会社)

・山下諒医師が「当院における関節リウマチ診療〜高齢化社会におけるJAK阻害薬の意義〜」というテーマで講演しました。

2022年12月9日
東京都病院薬剤師会 城南・島しょ支部勉強会(共催:一般社団法人東京都病院薬剤師会、田辺三菱製薬株式会社)

・山下諒医師が「関節リウマチにおける生物学的製剤の使い分け〜TNF阻害薬の意義〜」というテーマで講演しました。

2022年12月
看護学テキスト NiCE エンドオブライフケア その人にとっての最善を目指して 発刊

・村瀬樹太郎医師が共著の「看護学テキスト NiCE エンドオブライフケア その人にとっての最善を目指して(南江堂)」が発刊されました。

2022年12月
トリ先生のがんの痛みと症状緩和&ケア ビジュアルレッスン 発刊

・村瀬樹太郎医師が共著の「トリ先生のがんの痛みと症状緩和&ケア ビジュアルレッスン(メディカ出版)」が発刊されました。

2022年11月
感染症学雑誌(発行:日本感染症学会)に掲載

・金子周平医師が著者の「新型コロナウイルスワクチンによる薬剤性肺障害と考えられた1例」が感染症学雑誌2022年96巻6号に掲載されました。

2022年9月24日
第74回 日本老年医学会関東甲信越地方会

・小林孝史医師が「ワクチン未接種により治療介入に苦慮したCOVID-19中等症兇凌嫋祿温睥霄圓2例」を発表しました。

2022年7月1日
第27回 日本緩和医療学会

・村瀬樹太郎医師が「前立腺癌末期患者のスピリチュアルペインに対しスピリチュアルケアワーカーが介入した一例」を発表しました。

2022年6月6日
調布市・狛江市・世田谷エリア 病診連携Web Seminar(主催:アッヴィ合同会社)

・山下諒医師が「不明熱・多関節痛のアプローチ〜関節リウマチと類似疾患の鑑別〜」というテーマで講演しました。

2022年6月2日〜6月4日
第64回 日本老年医学会学術集会

・小林孝史医師が「縦断研究によるサルコペニア及び握力低下発症に関連する因子の検討」を発表しました。

2022年5月
緩和ケアレジデントマニュアル 第2版 発刊

・村瀬樹太郎医師が共著の「緩和ケアレジデントマニュアル第2版」が医学書院者から発刊されました。

2022年4月25日〜4月27日
第66回 日本リウマチ学会総会・学術集会

・山下諒医師が「卵巣癌に対する化学療法によりステロイド単剤でコントロールしえた抗MDA5抗体陽性無筋症性皮膚筋炎の一例」を発表しました。

2022年2月17日
地域で診る緩和ケアWebセミナー(主催:第一三共株式会社)

・村瀬樹太郎医師が「緩和ケアにおけるオピオイドの使い方 〜明日からの実践にむけて〜」というテーマで講演しました。

2021年11月13日
第73回 日本老年医学会 関東甲信越地方会

・中村明穂医師が「バリシチニブが奏功した超高齢者COVID-19の一例」を発表しました。

2021年7月29日
第2回がん悪液質セミナー in 多摩 〜エドルミズの適正使用を考える〜(主催:小野薬品工業株式会社)

・村瀬樹太郎医師が「がん悪液質について考える 〜緩和ケア医の立場から〜」というテーマで講演しました。

2021年7月
心臓(発行:日本心臓財団・日本循環器学会)に掲載

・山下諒医師が共著者の「抗マラリア作用薬の導入で新たな血栓イベントを抑制できた抗リン脂質抗体症候群合併全身性エリテマトーデスの若年女性例」が心臓2021年53巻7号に掲載されました。

2021年4月26日〜4月28日
第65回 日本リウマチ学会総会・学術集会

・山下諒医師が「サルコイドーシスの経過中に発症した播種性非結核性抗酸菌症の一例」を発表しました。

2020年8月17日〜9月15日
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会

山下諒医師が「経過中に肝胆道系酵素の上昇を認めたANCA関連血管炎の一例」を発表しました。

2020年8月9日〜10日
緩和・支持・心のケア 合同学術大会2020

村瀬 樹太郎医師が「大学病院におけるメサドン採用前後の取り組み 〜安全運用のために〜」を発表しました。

2020年6月
YORi−SOU がんナーシングに掲載

村瀬樹太郎医師の記事がYORi−SOU がんナーシング2020年3号に掲載されました。

2020年3月21
日本臨床倫理学会 第8回年次大会

・村瀬樹太郎医師が「医療・介護関係の有識者による 自由討論の質的分析で抽出される アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の 問題構造 〜臨床現場が抱えるジレンマ〜」を発表しました。

2020年2月12日
多摩リバーサイド研究会

・当院の内科を中心として開催している研究会です。・泉祐介医師が「意識障害の総論」を講演しました。・近隣の先生方にご出席いただき、懇親会で情報交換なども行われました。

2020年2月12日
研修医勉強会

・当科では定期的に研修医の先生方へ講義を行っています。・井村峻暢医師が「身体疾患とせん妄の関連について」を講義しました。

2020年1月8日
研修医勉強会

・当科では定期的に研修医の先生方へ講義を行っています。・山下諒医師が「不明熱・不明炎症高値の診かた、考え方」を講義しました。

2019年12月4日
研修医勉強会

・当科では定期的に研修医の先生方へ講義を行っています。・泉祐介医師が「栄養療法」を講義しました。

・当科では定期的に研修医の先生方へ講義を行っています。・小林孝史医師が「たかが風邪、されど風邪」を講義しました。

2019年11月27日
研修医勉強会
2019年9月11日
研修医勉強会

・当科では定期的に研修医の先生方へ講義を行っています。・村瀬樹太郎先生が「緩和治療薬の使い方」を講義しました。

2019年8月31日
第70回日本老年医学会関東地方会

・小林孝史医師が「セフトリアキソン 投与後に胆石を形成し中止により縮小した一例」を発表しました。・山下諒医師が「巨細胞性動脈炎の 経過中に発症したサルモネラ菌による脳膿瘍の1例」を発表しました。

2019年7月16日
第33回Δ会

・Δ(デルタ)会が2019年7月16日に立川相互病院で開催されました。・デルタ会は当院、東京医科大学病院、川崎市立多摩病院、聖路加国際病院、本学八王子医療センターの総合診療科が集まって症例検討や小講義を行っています。

2019年9月
日本病院総合診療医学会雑誌に掲載

・山下諒医師による「インフルエンザワクチン接種後に発症した血球貪食性リンパ組織球症の1例」が日本病院総合診療医学会雑誌2019年15巻5号に掲載されました。

2019年8月14日
研修医勉強会

・当科では定期的に研修医の先生方へ講義を行っています。・平本淳先生が「慢性便秘治療」を講義しました。

2019年5月19日
第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

・桑原直孝医師が「病歴と身体所見から診断し得た頚椎椎体炎、硬膜外膿瘍の1例」を発表しました。

2019年5月18日
第650回日本内科学会関東地方会

・中村明穂医師が「腸腰筋膿瘍の経過中に硬膜下膿瘍を生じたが抗生剤治療のみで完治した一例」を発表しました。

2019年4月16日
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会

・山下諒医師が「関節リウマチの経過中に大動脈炎と小型血管炎を同時に発症し膿胸で死亡した一例」を発表しました。

2019年3月19日
第32回Δ会

・Δ(デルタ)会が2019年3月19日に川崎市立多摩病院で開催されました。当科と川崎市立多摩病院、立川相互病院、聖路加国際病院、慈恵医大第三病院、本学八王子医療センターの総合診療科が集まって症例検討やミニレクチャーを行っています。

2019年2月19日
多摩リバーサイド研究会

・当院内科主催の研究会です。・山下諒医師が「総合診療部から診た貧血」を講演しました。

第三病院トップページへ

  • 見学、専攻医を希望される方へ
  • 総合診療部スタッフ紹介
  • 活動報告