臨床研修センター長ご挨拶


臨床研修センター長
川村 哲也

慈恵医大は明治14年(1881年)の開設以来、本邦で最も歴史の古い私立医学校として130年間にわたり日本の医療界に良き臨床医を輩出してきました。

"病気を診ずして病人を診よ"の建学の精神にあるごとく、病に悩む人間を中心に考えて医療を行うことを実践してきた医育機関ならびに病院であり、豊かでバランスのとれた人間性、充分な知識と技術を身につけている良き臨床医が揃っています。

慈恵医大の精神は親切と思いやりです。「臨床の慈恵」として親身で温かな心を持って安心・安全な医療を提供し、先進・高度医療を実践することを基本としています。

また、明治18年(1885年)にはわが国で最初の看護婦養成機関が設立され、"医師と看護婦は車の両輪の如し"と学祖・高木兼寛が力説しているように、今では当然のこととされている「チーム医療」が日本において最初に推進された病院でもあります。

このように優れた精神、歴史、伝統が継承され、卓越した人材が集まり、適切な施設、設備、機器やシステムが統合された慈恵グループは患者さんが安心して良質な医療を受けられる環境が整っています。

新橋にある本院は地理的にも日本の政治や金融などの中枢機関が集中する霞ヶ関、大手町に隣接する絶好のロケーションにあり、多くのビジネスや情報産業の中心でもあります。また他の3附属病院も首都圏に位置し、多様な疾患と広範な経験を通じて臨床医としての幅を広げるとともに、地域社会への貢献を体感することができます。

これらの附属病院や関連病院の医療ならびに教育の強固な連携により、高度・先端医療から、総合的な一般の医療、救急医療など、質の高いかつ多様性に富む医療を経験できるという選択肢の広さが慈恵の特徴の一つでもあります。

また、臨床研修終了後3年間のレジデントコースのカリキュラムも充実し、専門医取得までの一貫した卒後教育の場として理想的なプログラム、切磋琢磨できる環境が用意されています。

今日では、本学の臨床研修ならびに専門修得コース(レジデント)への他大学からの応募者が大きく増加しており、両コースとも他学出身者の割合は約40%に達しています。これは出身校による分け隔てのない指導体制が根付いていること、また、研修医・レジデントを含めたすべての医師の給与・福利厚生などの待遇改善を推進していることから、教育環境と労働環境の両面で評価された結果であると考えております。

全国から親切で思いやりの心を持った、優秀で気概のある医学生、医師が応募してくれることを心から期待しています。