がん診療センター長
岡本 友好

我が国ではがん患者さんの増加に伴い、その治療が高度化、複雑化しつつあります。それに伴い治療のみではなく、患者さんをとりまく環境整備も従来の医師と患者、家族間での調整では不十分であり、精神的、経済的、倫理面を含め社会や病院全体で取り組まなければならない状況となっております。このため当院では平成27年9月よりがん診療センターを立ち上げ、キャンサーボード(がん疾患検討会議)の充実、発展、がん支援相談センターの設置、緩和ケア講習会の開催などがん患者さんを全病院的にサポートする組織をつくりました。

平成28年4月より従来のがん診療連携協力病院からがん診療連携拠点病院の指定を東京都から受けました。慈恵医大は4つの附属病院があり多くの各分野の専門医師、看護師、薬剤師、他職種職員が揃っております。その持てる総力をフル稼働させ、当地域のがん診療のレベルアップをはかり、患者さんとその家族のみなさまの期待に応えてまいります。

がん診療センター長 岡本 友好

TOPICS

[2016.9.27] 緩和ケア研修会の参加申込者が定員に達しましたので、申込受付を終了させていただきました
[2016.9.3] 【平成28年10月29日、30日開催】 緩和ケア研修会のご案内、参加申込書、進行表
[2016.2.4] がん診療センターのページを新設しました

第三病院トップページ