学祖 高木兼寛に関連するコンテンツです。
These articles and documents are related to Dr. Kanehiro Takaki, founder of The Jikei University School of Medicine

著者 論題 掲載誌 掲載巻号 掲載年
Kanehiro TAKAKI The Preservation of Health Amongst the Personnel of the Japanese Navy and Army (Special article) *reprinted from The Lancet, 1906 Jikeikai Medical Journal 49巻2号 2002
Makoto MATSUDA Appendix (Emeritus Professor Makoto Matsuda made a table of data missing from Kanehiro Takaki's paper in The Lancet)
Makoto MATSUDA, Tsuneya OHNO Kanehiro Takaki and Sei-I-Kwai Medical School (Special article) Jikeikai Medical Journal 49巻2号 2002
Fusayoshi MURATA. Dr. William Willis and Dr. KanehiroTakaki (Special article) Jikeikai Medical Journal 49巻2号 2002
P John REES Evidence-Based Medicine: Past, Present and Future (Special article) Jikeikai Medical Journal 49巻2号 2002
松田誠 高木兼寛の脚気の研究と侍精神 (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 131巻1号 2016
松田誠 大日本医会会長・高木兼寛が夢みたこと (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 130巻2号 2015
松田誠  高木兼寛と教育勅語 (資料)  東京慈恵会医科大学雑誌  127巻4号  2012
松田誠 高木兼寛がたどり着いた宗教: 神道・禊の行 (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 125巻4号 2010
中山和彦 「高木兼寛と森田正馬」その2 イギリス医学の源流を、東京慈恵会成立過程から探る−不治の病「脚気」が導き出した不安の時代− (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 124巻6号 2009
松田誠 近代医学生物学と東洋, 西洋の思想 (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 124巻4号 2009
松田誠 高木兼寛の女子教育論 (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 124巻1号 2009
中山和彦 ドイツ医学とイギリス医学の対立が生んだ森田療法 (森田療法センター開設記念論文 「高木兼寛と森田正馬」その1) 東京慈恵会医科大学雑誌 122巻6号 2007
松田誠 高木兼寛の脚気栄養説についての一, 二の問題 (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 121巻6号 2006
松田誠 脚気原因の研究史−ビタミン欠乏症が発見, 認定されるまで− (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 121巻3号 2006
城戸秀倫ほか メタアナリシスによる木兼寛の実験公開の再検証 (原著) 東京慈恵会医科大学雑誌 119巻4号 2004
松田誠 高木兼寛とビタミン (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 119巻2号 2004
松田誠 高木兼寛と森林太郎の医学研究のパラダイムについて (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 118巻6号 2003
松田誠 慈恵病院の改革に貢献したある医師団の実体について (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 118巻3号 2003
松田誠 高木兼寛,北里柴三郎らの医師会設立までの苦闘−日本医師会前史− (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 118巻1号 2003
松田誠 森鴎外からみた高木兼寛 (資料) 東京慈恵会医科大学雑誌 117巻3号 2002
松田誠 第100巻記念論文 高木男爵のセント・トーマス病院医学校での特別講演 食事の改善と脚気の予防 (総説) 東京慈恵会医科大学雑誌 100巻4号 1985
東京慈恵会医科大学 高木兼寛の生涯 高木兼寛の生涯
東京慈恵会医科大学 Life of Kanehiro Takaki Life of Kanehiro Takaki