■ 第三病院TOPページ

病院病理部


平成28年10月現在
フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:野村 浩一

診療スタッフ
診療部長 野村 浩一
医師数 常勤 3名、非常勤 2名

診療内容・専門分野


病院病理部は、専任の病理専門医2名(診断病理学を専攻、1名は細胞診専門医の資格を有する)、レジデント1名、非常勤病理専門医2名と臨床検査技師4名(うち3名は細胞検査士)より構成されています。 業務は以下のようなもので、患者さんと接することはほとんどありませんが、治療に重要な診断業務に携わっています。


病理組織診断 内視鏡検査や手術で採取された病変の組織を、ホルマリン固定・パラフィン包埋後、約3μmの厚さに薄切し、染色を行い、顕微鏡でどんな疾患かを診断します。
細胞診断(細胞診) 子宮、喀痰、尿、胸水、腹水などから細胞を採取し、エタノール固定後、染色を行い、顕微鏡で観察して、その細胞の性状、良性・悪性を判定します。
術中迅速病理診断

手術中に採取された病変の一部の凍結標本を作製し、病変の診断やリンパ節転移の有無などの検討を行い、術式や切除範囲の決定のための情報を術者に提供します。

病理解剖(剖検)

当病院で亡くなられた患者さんを解剖し、全身の状態、臨床診断との一致・不一致、死因などについて、また、癌であればその拡がり、治療の効果、死因などについて検討します。


私たちは各診療科の診断と治療をサポートできるよう、臨床医と密接なコミュニケーションをとっています。また、より正確に、より早く診断できるよう、新しい知識や技法を取り入れる努力をしています。

 

お問合せ TEL:03-3480-1151(内線・3436)