■ 第三病院TOPページ

手術部


平成28年10月現在
フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:佐藤 修二

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 佐藤 修二

診療内容・専門分野


手術部は、医師、看護師、臨床工学部、看護補助員、事務員より構成されています。
手術中材委員会で決定された内規をもとに、手術室が安全かつスムーズに運営出来るように週間手術予定表の作成、診療機器の整備等を行っております。


特色


第三病院手術室は平成16年3月に完成致しました。
9室ある手術室のうち2室は高度の清潔度を必要とする手術(脳外科、整形外科)のためのバイオクリーンルームです。その他内視鏡専用手術室、ハイテクナビゲーション手術室に加え、全ての手術室の進行状況をセンターならびに麻酔医室で常時監視管理可能な全手術室・術野モニターなど患者さんが安全に手術を受けられるような様々な諸機能を備えています。


ハイテクナビゲーション手術室


手術室のうち1室は世界で初めてのハイテクナビゲーション手術室です。 
ここでは第三病院の敷地内にある世界でも有数の医用コンピューター画像技術の研究所(高次元医用画像研究所)の技術を直接患者さんの安全な手術に役立たせるための特殊な手術室です。特に、バーチャルリアリティー技術を実際の手術に導入できる世界でもはじめての手術室でもあります。外科、耳鼻咽喉科、形成外科で実際に臨床応用しております。
さまざまなナビゲーションシステムが装備され、光ケーブルで結ばれた高次元医用画像研究所での多様な処理画像を直接術野にリアルタイムで表示し、効率的かつ安全な近未来の手術が可能です。


症例数


平成27年度の手術件数:6121件