■ 第三病院TOPページ

放射線部(技術部門)

松浦 博満

技師長:松浦 博満

■ ご挨拶
東京慈恵会医科大学附属第三病院放射線部は、部内や他部署と協力して迅速な検査と治療の実施しております。また、「共感と思いやりに基づく医療」を提供するために、ホスピタリティ精神の向上と本学の建学の精神である「病気を診ずして病人を診よ」に基づいて、患者さんの立場にたって患者さんを中心とした安心で安全な質の高い医療を提供できるように日々努めてまいります。


 


基本方針


第三病院や地域医療に貢献し信頼される放射線部を目指し、医師、看護師を始とした他部門と協力して、個々の力を最大限に発揮し常に患者さんを中心とした最高の検査・治療の提供に努める。


目標


 1. 安全の徹底 : 患者さんとスタッフの安全確保
 2. チーム医療の実践 : 医療者間のコミュニケーションと協力体制の確保
 3. 迅速な医療サービスと質の向上 : 待ち時間の短縮と迅速且つ的確な検査・治療の実施


主な業務内容


 1. 一般撮影【胸部・腹部・骨部・軟部(乳腺等)】一般撮影 マンモグラフィ
 2. 骨密度測定【前腕部で測定DXA法】骨密度測定
 3. X線透視造影検査【食道・胃・腸・肝・胆・バリウム等の造影剤使用】X線TV
 4. X線CT検査【全身の造影・非造影】CT検査
 5. MRI検査【全身の造影・非造影】MRI検査
 6. 血管撮影検査・治療【造影剤を使用した全身の血管・血管内治療】血管撮影検査
 7. 核医学検査【放射線同位元素を用いた全身】核医学(アイソトープ)検査
 8. 超音波検査【内臓・頚部・乳腺・軟部組織・血管】超音波検査
 9. 放射線治療【X線と電子線を用いて体の外から放射線を照射】放射線治療


地域医療連携


地域中核病院として、CT・MRI・US・RI・骨密度検査の医療連携枠を設定し積極的に検査を受け入れています。

H28年度
実績
CT MR 超音波 RI 骨密度
692 379 365 37 20 1,493

設置装置


CT装置 SOMATOM Definition AS+(128列) Siemens社製
SOMATOM Sensation40(40列) Siemens社製
MRI装置 Explorer Newgrade 1.5T  GE社製
MAGNETOM Symphony 1.5T(TIM system) Siemens社製
RI装置 DISCOVERY NM630 GE社製
US装置 Aplio XG SSA-770A 東芝社製(2台)
Nemio SSA-680A 東芝社製
Aplio 300 東芝社製
CTシミュレータ Aquilion LB 東芝社製
リニアック PRIMUS Mid-Energy 142-6745 東芝社製
TV装置 SONIALVISION safire 17 Super 島津社製
骨密度測定装置 DCS-600EXV 日立社製
乳腺撮影装置 FDR MS-100 富士フイルム社製

被ばく低減


当施設は医療被ばく低減施設として認定されています。
出来るだけ少ない線量で画質を落とさない検査画像の提供に努めております。また、X線の人体への影響や被ばく線量等の、ご心配な点や放射線検査に関する質問などがございましたらお気軽に撮影スタッフ(診療放射線技師)にお尋ねください。

認定証
被ばく施設プレート
第5号認定
東京慈恵会医科大学附属第三病院

スタッフ


・技師長1名・技師長補佐2名
・係長1名・部門リーダー6名
・部門副リーダー3名


診療放射線技師総数 常勤26名(女性7名)

資格(平成29年10月現在)


検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師 6名 X線CT認定技師 2名
超音波検査士 7名 放射線機器管理士 3名
血管撮影・IVR専門診療放射線技師 1名 放射線管理士 3名
MR専門技術者 1名 臨床実習指導教員 9名
放射線治療専門放射線技師 2名 第1種放射線取扱主任者 1名
放射線治療品質管理士 1名 衛生工学衛生管理者 1名
医療画像情報精度管理士 1名 第1種衛生管理者 2名
    第1種作業環境測定士(放射線) 1名