■ 第三病院TOPページ

森田療法について

森田療法は、対人緊張、強迫症状、パニック発作などの神経症や慢性うつ状態に有効な精神療法です。
不安や悩みを自然な感情として、「あるがまま」に、自己をよりよく生かしていく治療法です。


森田療法とは


森田療法とは、慈恵医大精神神経科・初代教授の森田正馬(もりたまさたけ)が自らの体験を通して創始した、入院を基本とする神経症の精神療法です。
日本で生まれ、独自に発展したこの治療法の特徴は、神経症の不安や恐怖を排除するのではなく「受け入れること」で「とらわれ」から離れるという点、また、自分の中にある健康な力や自然治癒力を最大限に生かしていくという点にあります。
恐怖や不安は生きようとする欲望(生の欲望)と表裏一体のものであり、人間誰もが持っている自然な感情です。
しかし神経症の状態では、不安や恐怖を「あってはいけないもの」として「排除しよう」とするあまり、かえってそれに「とらわれ」、症状が発展するという悪循環におちいってしまう場合が多いのです。
森田療法では、不安を「あるがまま」に受け入れながら、よりよく生きようとする欲望を建設的な行動という形で発揮し、自分らしい生き方を実現することを目指しています。
入院治療の中でのさまざまな体験によって、不安や悩みを受け入れながら、症状への「とらわれ」から離れることができ、生きる意欲が生かされてくるのです。


対象となる疾患


社会不安障害
(社会恐怖、対人恐怖症)
人前でひどく緊張する、人とコミュニケーションがうまくとれず悩んでいるなど
パニック障害、広場恐怖 突然動悸が激しくなり、息苦しく感じる、電車や人ごみを避けるようになるなど
全般性不安障害 様々なことが次々心配になり、いつも緊張してリラックスできないなど
強迫性障害 様々なものが不潔に思え、繰り返し手洗いせずにはいられないなど。
ばかばかしいとは思いつつも、ある考えにとらわれてしまう(カギの確認など)
身体表現性障害 身体の病気ではないのに、身体症状が続きとらわれてしまうなど。
多くの場合、症状は心理的ストレスと関係している
軽症だが慢性のうつ 憂うつな気分、気力の減退が続くなど

◆森田療法は、以下のような方々に適した療法です。
・自分の生活を立て直そうとする意欲を持った方。
・神経質な性格(内向的、小心、ものごとを気にしやすい、心配性、完全主義、負けず嫌いなどが特徴)の方。


※原則として総合失調症や躁病には適用されていません。


どのように悩み・不安・恐怖に「とらわれ」るのでしょうか?



悩み・不安・恐怖などの不快な反応に注意を向けると、不快な反応はますます強まります。
するとさらに不快な反応に目が奪われる、という悪循環が起こってしまいます(これを精神交互作用と呼びます)。
さらに、これらの反応を「こうあってはならない」「もっと強くならなければならない」という考えによって排除しようと努めれば努めるほど、一層それを強く意識してしまいます(これを思想の矛盾と呼びます)。
このようにして神経症の症状を固着させることになってしまうのです。


森田療法における「とらわれ」から離れる方法とは?


悩み・不安・恐怖などの不快な反応は、「生きたい」という意欲と裏表一体のもの。
つまり、私たちは「よりよく生きたい」という欲望があるからこそ、悩み、不安になり、怖がるのです。
森田療法では、不快な反応を取り去ろうとするのではなく、「あるがまま」に受け入れることが、「とらわれ」の悪循環から離れる方法だと考えています。
そのような姿勢に転じれば、かえって不快な反応は早く流れ去っていくのです。
そして悩みを持ったまま、入院治療を通じてさまざまな体験をしていく中で、自分の持つ健康な力や豊かな感情に目が向くようになっていきます。


うつ病復帰期の方々に対しての社会復帰サポート


現在、うつ病とうつ病からの社会復帰の難しさが、新聞でも大きく報道されるなど、深刻な社会問題になっています。
最近では特に、うつ病の急性期を過ぎても「なんとなく気分がすっきりしない」「だるさが残る」「意欲が出ない」などの症状が長期間続く、慢性のうつ状態に悩む方が増えています。
うつ病の治療のために3ヶ月の予定で休職をしたものの、半年、一年たっても「いまひとつ自信が持てない」ために復帰に踏み切れないことも少なくありません。「心身の状態がすっきりしていないと何もできない」「活力に満ちていなければ本来の自分ではない」と考え、身動きがとれなくなってしまうこともあるでしょう。
また、性格的に「こうあるべきだ」と考える傾向が強く、現実とのギャップに悩み、うつ状態に陥り、そこからなかなか抜け出せなくなっている方も多いようです。
森田療法はもともと神経症を対象にした精神療法ですが、このようなうつ病の回復過程にも森田療法の「あるがまま」という視点を生かすことができます。
抗うつ薬を中心とした薬物療法と休息という基本的なうつ病治療に加えて、誰もが持っている自然回復力を生かし、「うつから抜け出すためには、どのような生活姿勢が望ましいか」ということを日常の生活の中で探っていくわけです。
仕事をされている方、学校へ通われている方には、外来での治療も積極的におこなっています。
慢性的なうつ病に悩まされている方は、是非一度ご来院ください。


森田療法の入院治療とは?


入院は森田療法の伝統的な治療スタイルです。当センターでは20床の専門病棟に入院をしていただき、下記のような流れで4期〔臥褥期(がじょくき)、軽作業期、作業期、社会復帰期)からなる治療を受けていただくことになります。
期間は通常3ヶ月程度です(状況に応じて1ヶ月程度の比較的短期の入院治療も行っていますので、ご相談ください)。
常勤医師および臨床心理士が各患者さんを担当し、面接や日記による指導を行います。また、病棟の看護師は、患者さんの健康面を見守りながら、生活指導を担当いたします。


(1)第鬼 臥褥期
〜不安や恐怖を「あるがまま」に受け入れる〜


原則として7日間は、病室に横になって過ごします。さまざまな考えや感情が浮かんできますが、「はからい」(不安や症状を気にしないようにするため、さまざまなやりくりをすること)をせず、思い浮かんだものをあるがままに受け入れるようにします。期間中は主治医が一日一回程度簡単に回診を行います。


(2)第挟 軽作業期
〜周囲を観察し、一人で軽作業を行う。外界と触れ合う準備〜


臥褥から起床して5日間は、大きく身体を動かすような作業は行いません。庭に出て自然を観察し、また病棟の生活をよく観察することから始め、部屋の片付けや木彫り、簡単な陶芸など、軽い作業に携わります。気分や症状に流されず行動していくことが基本です。


(3)第郡 作業期
〜日常的な行動・作業を通じて「生の欲望」を発揮〜


清掃や日常生活を整える共同作業、動物・植物の世話などの作業を行います。
植物の水遣り、犬の散歩など毎日やる必要のあることは当番で行い、日々の作業の内容と担当は、ミーティングで自主的に決めていきます。よく周囲を観察し、どんな作業が必要かを考えて、作業内容を決めていくこと自体がとても大切な体験になるのです。
作業期に入ってしばらくすると、動物・植物の各グループに参加し、担当になった動植物を観察し、必要な作業を考え、話し合い、作業へより深くかかわっていきます。また、月に一回程度スポーツ大会などの行事が行われ、年に2回の大きな行事として七夕会とクリスマス会も行われます。

散歩
作業期には、不安や症状を抱えながら、目の前の必要な行動に積極的にかかわり、工夫をしていく「目的本位」の行動が大切です。それらを体験することで、不快な症状に対する「とらわれ」から離れ、本来の「よりよく生きよう」という力が生かされてくるのです。

(4)第鹸 社会復帰期
〜第1期〜3期での体験を実生活へ生かす橋渡しの期間〜


一週間から一ヶ月程度、外出・外泊を含めて社会復帰の準備を行っていきます。時には短期間、病棟から職場や学校に通うこともあります。


日記指導について:第挟以降は、主治医による面接に加えて、日記指導も合わせて行っていきます。
日記は主治医が目を通して、森田療法の考え方にそってコ メントをしていきます。
治療の目的・性質上、環境の遮断を重視しています。
そのため面会については、担当医との話し合いによって許可をお出しします。また、外出は入院生活に必要 な場合のみ可能となります。
携帯電話・パソコンなどの通信機器は、環境遮断という治療の特性上、病棟内での使用はできません。
当院は教育機関となっているため、研修医ならびに学生が指導医と共に診療に参加させていただくことがありますので、ご了承をお願いいたします。

当センターについて


当センターは、神経症(不安障害)や慢性化したうつ病・うつ状態の方に森田療法を行う専門施設です。1972年から森田療法室として運営されてきましたが、2007年5月、森田療法の診療、教育、研究を推進する国際的なセンターとして生まれ変わりました。入院施設、外来面接室も一新され、患者さんがより治療に専念しやすい環境になります。
なお、過去の治療成績は、退院時の改善率が全体で64.2%(男性63.9%、女性65.5%)でした。類型別の改善率は、パニック障害、広場恐怖など不安神経症と呼ばれていたグループ76.9%、社会不安障害(対人恐怖症)63.2%、身体表現性障害(心気障害など)62%、強迫性障害59.9%という成績でした。


入院治療開始までの流れ


(1) 森田療法が患者さまに適しているかどうかを、外来で検討させていただきます。
※かかりつけの医療機関がある場合は、なるべく紹介状をお持ちください
(2) 外来治療の場合、日記の記載などを医師が指示することがあります。
(3) 入院希望の方には病棟を見学していただきます。その後、入院の意思に変化がないようでしたら、入院予約簿に登録をしていただきます。
(4) 入院の順番がくるまで、通常1ヶ月前後お待ちいただくことがあります。
※治療には健康保険が適用されますが、室料差額のご負担をお願いしています。

外来・森田療法(森田療法的カウンセリング)


定型的な方法は入院治療ですが、仕事を続けながら、あるいは学校に通いながら治療を受けたい方のために、当センターでは外来での森田療法も行っています。  定期的な面接や日記療法などを通して、症状や不安とつきあいつつ、本来の欲求や目的に即した行動がとれるよう援助していきます。  グループによる外来森田療法も行っていく予定です。


入院の場合と同じく、まず外来に来ていただき、森田療法が適切かどうかを医師が判断いたします。
森田療法による改善が見込まれる方には、1〜2週間に1回の面接を受けていただきます。 場合によっては日記治療を併用していきます。
症状や不安をお聞きして対処の仕方を助言するとともに、行動を広げ、生活を立て直していかれるよう指導していきます。