■ 第三病院TOPページ

お薬について


■ 薬剤部より


当院薬剤部では、患者さんを中心に考えた医薬品の適正使用を推進し、より安全かつ適切な薬物治療が行われるよう専門的知識の習得及び技術の向上に努めています。また、各種専門チームに積極的に参画し、薬学的知見に基づく薬物治療が行われるよう関わり、チーム医療向上に貢献しています。
地域での取り組みとして、地域医療連携を推進し適正な薬物療法を実践するため、保険薬局薬剤師と共催した研修会を開催したり、患者さんのサービス向上を目的に院外処方箋の問い合わせに関する事前同意プロトコールを作成し、保険薬局での待ち時間短縮を図っています。


病棟業務


入院時に患者さんと面談し、持ち込み薬(持参薬)の確認を行うとともに、薬の副作用歴やアレルギー歴の有無など、入院後の薬物治療に必要な情報を聴取し、医師・看護師と情報の共有を図っています。また、入院中に使用する医薬品を把握するとともに、薬物療法における相互作用や重複投与チェックを行い、カルテ・看護記録・臨床検査値を把握した上で医薬品の選択や用法・用量を提案し、入院中使用している薬剤に関する目的や副作用の発現などを注視しながら服薬指導を行っています。更に、病棟に配置された医薬品の管理や、感染症治療(抗MRSA薬)におけるTDM(薬物血中濃度モニタリング)解析を行い、処方設計の提案なども行っています。


薬剤師サポート外来


外来通院でがん化学療法を受けられる患者さんに、治療内容の理解を深め、最適な治療が完遂されることを目的として、抗がん剤の投与前に薬剤師による面談を行っています。薬剤師サポート外来では患者さんからの情報をもとに、当日実施する抗がん剤の量が適正であるか、休薬期間が妥当であるかなど薬学的知見に基づき分析します。得られた結果から担当医師に投与量の提案や休薬期間の検討など情報提供し、患者さんが安心して安全な薬物療法を受けられるよう取り組んでいます。


外来患者常用薬確認


手術や内視鏡検査を実施する際、常用薬の中に血液凝固系や心血管系、中枢神経系などに影響を及ぼす薬が含まれている時は、事前に休薬が必要なことがあります。手術や検査の予定がある患者さんの常用薬を確認し事前に中止が必要な薬品を抽出、医師に情報提供を行いさまざまな合併症のリスク軽減に努めています。


チーム医療


治療効果の向上・患者さんのQOL改善を目的に、多職種により構成されたチーム医療を実践しています。栄養管理サポートチーム(NST)、感染制御チーム(ICT)、疼痛緩和ケアチーム(PCT)、褥瘡対策チームなど互いの専門性を活かしながら、最大限の能力を発揮することで最善の治療が行えるよう取り組んでいます。


医薬品情報業務


医薬品の情報は日々更新され、多くの情報が厚生労働省、製薬メーカー、各種刊行物、文献などから発信されています。薬剤部では医薬品情報担当の専門薬剤師が、これら多くの情報から重要度の高い情報を取捨選択し、整理された情報を医師・看護師をはじめとする医療従事者や、病棟薬剤師へ情報提供しています。また、スタッフからの医薬品に関する疑義照会応需など対応を行っております。スタッフ育成(薬剤師)では教育プログラムの作成、地域の薬剤師会との連携を深めるための合同勉強会の企画立案・実施をしています


無菌調製業務(注射薬の混合調製)


無菌調製はクリーンルーム内に設置されたクリーンベンチ内で、厳密な無菌操作のもと高カロリー輸液や細胞毒性の強いハイリスクな抗がん剤を調製しています。抗がん剤はスタッフの被曝を回避するため、全て薬剤部で調製しています。近年は、外来通院での抗がん剤治療法が増加し、当院でも外来化学療法室で専門の医師、看護師のもと治療を行っています。薬剤部では抗がん剤の調製にあたり、予定されたレジメン内容に問題はないか、体表面積あたりの投与量が妥当か、休薬期間は適切かなどの監査を行い、安全で最適な治療につながるようマネジメントしています。また、在宅での治療を希望される患者さんについては、訪問看護ステーション、医局、看護部、在宅療養相談室と連携を図り無菌調製した点滴の供給を行っています。


調剤業務


医師の処方に基づき、内服薬調剤と注射薬調剤(個人別セット)を行っています。^綮佞僚菠内容確認、調剤、D敢浚萄困箸い工程で行っており、特にについては1処方で2回の調剤監査を行うダブルチェック体制により、安全な調剤の確立を実践しています。さらに、注射調剤においては配合変化のチェックや、看護師への調製上の注意など情報提供を行っています。


供給管理業務


病院内には処置的に使用する薬品をはじめ、様々な部署に予め薬品が配置され迅速な対応が行える環境を整えています。手術室で使用する薬品は手術毎に使用する麻酔薬などをトレーにセット化し、使用量の確認を行いつつ補充管理を行うトレー交換方式を実施。ICUや救急室などの緊急性の高い部署では、重要度の高い医薬品を定数配置化(セット交換方式)し供給管理を行っています。


その他の業務


□医薬品購入管理業務
□治験薬管理業務
□薬剤検討・化学療法委員会の事務局