■ 第三病院TOPページ

お薬について


■ 薬剤部より


薬剤部では、患者さんの薬物療法が安全で効果的に行われることに主眼を置き、最新のシステムや医療機器を駆使すると共に、患者さんの疑問や不安を解消できるよう、以下の業務を行っております。


病棟業務


入院前と入院直後に、患者さんの持ち込み薬(持参薬)の確認を行ったり、薬の副作用歴やアレルギーの有無などの情報収集を行い、医師・看護師とともに情報の共有化を図るための活動を行っています。また、薬の相互作用チェックや重複投与を回避するため、入院中の患者さんの服薬状況(薬歴)を常にチェックしたり、患者さんとの面談(服薬指導)を通じ、副作用の発現の有無や薬物治療の効果有用性の説明などを行っています。さらに、入院処方箋や注射処方箋の監査業務や、病棟内で使用される医薬品(主に注射薬)の管理や、感染症治療(抗MRSA薬)におけるTDM(薬物血中濃度モニタリング)解析・処方提案なども行っています。

 


調剤業務


調剤業務には、内服薬調剤と注射薬調剤(個人セット)とがあり、どちらも工程ごとに別々の薬剤師が担当し、1処方での監査を2回実施(ダブルチェック体制)するシステムにより、安全な調剤の確立を実践しております。さらに、注射調剤においては、配合変化のチェックや、薬品によっては看護師への混注上の注意点などの情報提供を行っています。

 


無菌調製業務


無菌調製(注射薬の混合調製)は、クリーンルーム内のクリーンベンチ下で行う業務で、高カロリー輸液や抗がん剤の調製を行っています。抗がん剤は細胞毒性のあるハイリスク薬となるため、院内の抗がん剤はすべて薬剤部で調製しています。近年は、外来での抗がん剤治療が増加しており、当院でも外来点滴センターにおいて、専門の医師、看護師とともに薬剤師も加わり治療を行っています。薬剤部では、抗がん剤の調製にあたり、予定されたレジメン内容であるか、投与量に間違いはないか、休薬期間は適切であるか等のチェックを行い、安全で最適な投与に繋がるよう細心の注意を払い業務にあたっております。また、在宅での治療を希望される患者さんへは、訪問看護ステーション、医局、看護部、在宅療養相談室と連携を図り、無菌調製した点滴の提供なども行っています。

 


医薬品情報業務


医薬品の情報は、日々更新され、多くの情報が、厚生労働省・製薬メーカー・各種刊行物・文献などから発信されています。薬剤部では、医薬品情報担当の専任薬剤師が、これら多くの情報の中から重要度の高い情報を取捨選択し、整理した情報として、医師をはじめとする医療従事者へ情報提供を行ったり、様々な問い合わせに対応しています。また、スタッフ教育(薬剤師)のプログラムや、薬薬連携を深めるため、近隣の薬剤師会との合同勉強会等の企画立案などを行っています。


チーム医療


入院患者さんの治癒効果を向上させるため、様々な職種により構成されたチーム医療が実践されています。栄養サポートチーム(NST)、感染制御チーム(ICT)、疼痛緩和チームが定期的に院内ラウンドを行い、患者さんの状況を確認した上で、現場の医師、看護師と協力して、より良い治療につなげています。それぞれのチームに薬剤師も参画し、薬の専門家として職能を発揮しています。

 


供給管理業務


病院の中では、迅速に処置的な対応をするための医薬品を様々な部署に予め配置しておく必要があります。手術室などでは、手術毎に使用する麻酔薬等をトレーにセット化し、使用量のチェックを行いつつ補充管理を行なうトレー交換方式を実施しています。他にも、ICU、救急室などの緊急性の高い部署では、重要度の高い医薬品を定数配置(セット交換)化し院内における適正な医薬品の管理を行なっています。

 


その他の業務


・購入管理業務
・治験薬管理業務
・薬剤検討委員会/レジメン審査委員会の事務局