■ 第三病院TOPページ

循環器内科


平成28年4月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:芝田 貴裕

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 芝田 貴裕
診療医長 森 力
医師数 常勤8名、非常勤1名

診療内容・専門分野


地域医療の基幹病院として、近隣の各医療機関との医療連携を綿密に取りながら、大学の附属病院として最新かつ高度な専門的医療を提供します。高度医療の必要な循環器救急患者、特に急性虚血性心疾患、急性心不全および重症不整脈などの患者さんを積極的に受け入れ、質の高い医療を患者さんに提供できるように努力しております。
検査では負荷心電図(トレッドミル)、ホルター心電図、心臓超音波断層検査、経食道心エコー、心臓核医学検査(負荷心筋シンチグラフィなど)を予約にて専任のスタッフによって行っています。不整脈に関して電気生理学的検査およびペースメーカーの挿入と外来管理を行っています。心臓カテーテル検査は週3日行い年間400件余りを施行し、待機的冠動脈血行再建術(PCI)およびステント挿入を行い、患者さんの負担の少ない手(橈骨動脈)から行うPCIを積極的に行うことを特色としています。このPCIは年間130件施行し成功率は95%以上と良好な結果が得られています。平成16年1月から24時間体制での急性心筋梗塞の受け入れが可能となり、緊急症例のdirect PCIも施行しております。また、近隣の開業医の先生方と「心臓勉強会」を半年ごとに開催して病診連携に努めています。


特色


森力病棟長のもとで、主治医制で入院患者さんの診療にあたっています。週一回の病棟カンファレンス、病棟回診、カテカンファレンスを行い検査方針、治療方法を詳細に検討しています。また、ICUにおいては呼吸、循環器部門の熟練した専属スタッフが診療にあたっています。


患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


これまで4000件を越える心臓カテーテル検査を行ってきており、現在週3日、年間400件余りを施行しています。待機的冠動脈血行再建術(PCI)、ステント挿入を行い、患者さんの負担の少ない手(橈骨動脈)から行うPCIを積極的に行うことを特色としています。PCIは年間130件施行し成功率は95%以上と良好な結果が得られています。平成25年度の心臓カテーテル件数は391症例、冠動脈インターベンション治療は136症例おこなっています。またペースメーカー挿入術は29名におこなっています。外来人数は1445名/1年です。一日70名以上の患者さんを外来診療しています。


専門外来


月曜日から土曜日まで毎日循環器専門外来を行い、70名を越える予約患者さん、随時初診患者さんを受け入れています。またFaxでの予約も受け付けています。循環器疾患の急患は救急室にて内科輪番当番医が対応し、当番の循環器スタッフに連絡されます。


救急・時間外診療の対応


常時当番医を置き、緊急の場合に心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術を24時間対応できる体制で治療にあたっています。また、重症救急患者は集中治療室(ICU)の専属スタッフが治療にあたっています。


外来担当医表


第三病院 循環器内科 外来担当医表