■ 第三病院TOPページ

精神神経科


平成28年4月現在

外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:舘野 歩

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 舘野 歩
診療医長

中村 敬(病院長)

塩路 理恵子

医師数

常勤 8名


診療内容・専門分野


神経症(パニック障害、強迫性障害、社交不安障害など)の専門医療機関として、森田療法を中心に精神療法的対応を重視して診療に当たっています。また、うつ病など気分障害の患者さんも多数受診されており、薬物療法と精神療法を併用して治療を進めています。
老年期認知症については、各種知的機能検査や頭部MRIなどを用いて評価を行い、患者さんやご家族とともに適切な治療を考えてまいります。
その他、統合失調症や思春期の病態など多様な精神疾患に対応が可能です。なお、必要に応じて3名の臨床心理士がカウンセリングを実施いたします。

 

特色


専門病棟を有する森田療法センターを併設しており、神経症や慢性化したうつ病の患者さんが全国から治療を希望され来院されています。森田療法は入院治療を基本としますが、外来でも実施可能です。

 


主な医療機器・設備


20床の森田療法専門病棟があります。

 


患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


当院で入院森田療法を受けられた患者さんはこれまで2000名を超えています。入院される患者さんは外来で薬物療法など様々な治療によっても十分改善しない方が大部分です。強迫行為の著しい強迫性障害、引きこもり期間の長い社交不安障害、休息だけでは改善しない遷延性うつ病、慢性疼痛などの患者さんです。
森田療法センターとしてリニューアルした2007年5月以降2014年12月までのデータによると、改善率は強迫性障害63.7%、気分障害(うつ病・うつ状態)70.5%、社交不安障害(対人恐怖症)63.1%、その他の不安障害(パニック障害、身体表現性障害など)60.0%でした。

 

 

救急・時間外診療の対応


一般精神科病棟がないため初診患者さんの救急診療は実施していません。

 


診療情報


森田療法センターのホームページへ

 

思春期専門外来のご案内
   思春期専門外来 初診問診票

 

不登校・ひきこもり専門外来のご案内
   不登校・ひきこもり専門外来 初診問診票

 

クレシタの会(グループ療法)のご案内
   クレシタの会(グループ療法) ご案内ポスター

 

外来担当医表


第三病院 精神神経科 外来担当医表