外来診療

総合母子健康医療センター 受付総合母子健康医療センターにおける外来診療は、産科外来、生殖・内分泌外来、小児外来の3つの部門から構成されています。当センターでは健全なこどもの育成および母体の健康増進を目指すとともに、患者を中心とした多角的かつ集約的な母子医療を展開しております。
外来受診時、風邪の症状(鼻水、喉の痛み、せき、発熱など)や下痢、嘔吐、発疹等があるときは、感染拡大予防のため、あらかじめ母子センター外来にお電話にてご相談下さい。

総合母子健康医療センター外来師長ご挨拶

総合母子健康医療センターは、2001年11月に既存の施設には見られない特色ある広範囲な母子医療を展開する目的のもと設立されました。

外来は「乳児健診・小児リハビリ・遺伝相談・思春期外来・血液フォロー・未熟児フォロー」と「外科・小児脳外科・形成外科・整形外科など複数の診療科によるグループ診療」が行なわれる小児外来部門、周産期への重症集中管理だけでなく最近は近隣の産科閉鎖の中で正常分娩の受け入れを行なっている産科外来部門、不妊症に対する検査・治療が行なわれる生殖外来部門の3部門構成となっています。

小児外来部門では、少子化にある近年において「よく生まれ、よく育まれ、よく働かせ」という理念のもとに子ども達の健全育成を目指して、退院された子ども達の在宅・育児ケアを中心に継続看護を提供しております。

産科外来部門では、さらに決め細やかな行き届いた産褥管理を目指して当総合母子健康医療センター内にも、「助産師外来」が平成21年4月から開設しました。妊娠中の生活・食事・マイナートラブルについての指導や相談をおこなっています。

私たちはこれらの3部門の外来だけではなく、更に本館の小児科外来、ウィメンズクリニック・婦人科とも連携し、広く女性のライフサイクルそして母子の健康へのお手伝いをさせていただいております。

外来 内藤 安子師長

総合母子健康医療センター外来師長
内藤 安子

外来フロア案内

外来診療の流れ

初めて受診される方(初診)

当院は、高度な医療を提供する特定機能病院として厚生労働省の指定を受けておりますので、受診される場合には原則として他医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちいただくようお願いしております。

初診または前回来院日より1年以上経過し、紹介状をお持ちでない場合には、初診に係る選定療養費として5,400円(税込)をご負担いただくこととなりますのでご了承ください。大学病院・特定機能病院としての機能と、お住まいの地域の診療所・病院との機能の分担につきましてご理解いただきますようお願い申し上げます。 なお、次の場合は初診時選定療養費をご負担いただく対象とはなりません。

  • 救急車で搬送された場合
  • 特定疾患等の公費負担受給対象の方
  • 別の診療科を受診中の方

受診までの流れ