■ 東京慈恵会医科大学TOP

国際交流

看護学科の国際交流プログラム

グローバルな視野で世界の人々の健康課題を達成することを目的とし,2003年度に国際交流プログラムが開始されました。米国での看護研修や英国King's College Londonとの交換留学制度など、グローバルな視野を広げる機会が用意されています。

「米国看護研修」

3年生を対象学生に、米国における看護研修を実施しています。2017年度はオレゴン州ポートランド州立大学へ7泊9日の研修を行い,14名が参加しました。

「英国交換留学制度」

2016年度から,英国King's College Londonのフローレンス・ナイチンゲール看護学部との間で,交換留学制度が始まりました。看護学科学生2名がセントトーマス病院で2週間、ナイチンゲール看護学部の学生2名が附属第三病院、本院で4週間の臨地実習を行いました。2018年度は看護学科学生は3週間ロンドンで実習を行います。さらにシンガポール国立大学、台湾国立大学との国際交流を進めていく予定です。