■ 東京慈恵会医科大学TOP

医学部看護学科 ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシー

卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマポリシー)

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

本学のカリキュラムは、教育理念、教育目標、ディプロマ・ポリシーに基づいて、「医療基礎科目」「教養教育科目」「看護専門基礎科目」「看護専門科目」で構成する。

「医療基礎科目」「教養教育科目」「看護専門基礎科目」のねらいは下記のとおりである。

「看護専門科目」は生活援助の基礎、方法、実践、看護の統合と実践で構成され、そのねらいは下記のとおりである。

  1. 主体的学修能力育成のために、各学年に4年間一貫の看護総合演習を配置する。
  2. 課題解決能力を育成するために、ライフステージや健康レベルに応じた看護ニーズを見極め課題解決する科目を配置する。
  3. 看護の対象者とパートナーシップを築き看護を提供する能力育成のための科目を、課題解決能力育成のための科目と連動して配置する。
  4. 変化する社会情勢に即した実践に必要な地域医療連携能力を育成するために、段階的に複数の関連科目を配置する。
  5. 看護の対象者の様々な権利や人権を尊重し、看護専門職者としての行動と責任を示す倫理的姿勢を涵養する科目を全学年に配置する。
  6. 低学年次に多様な科目から教養を学び、実習の中で段階的に看護専門職者としての品格を備えた態度を涵養できる科目を配置する。
  7. 組織の目的達成に向かって活動するためのメンバーシップとリーダーシップのあり方を実践的に修得するために、学内演習科目と実習科目を組み合わせ配置する。
  8. 国際的視野を育成するために、外国語によるコミュニケーション能力を育む科目、および国際看護に関連する専門科目を配置する。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

 本学の建学の精神・教育理念に基づく当学科カリキュラムを履修し、卒業時に求められる能力を達成できる学生として、以下のような人を求めています。

  1. 学修をはじめとする様々な活動に主体的に取り組み、成長し続ける素地をもっている人 
  2. 看護に関心をもち、看護学を学ぶ上で必要となる基礎的な知識と基本的な判断力をもっている人
  3. 自己と他者を尊重したコミュニケーションの素地をもっている人
  4. 他者の立場に立って考え、想像力をもって行動できる人
  5. 他者と協働し、創造的にチャレンジできる人
  6. 広く社会への関心をもち、良識をもって行動できる人
  7. 多様な文化的背景をもつ人々との交流に関心をもっている人

 一次試験における理科・数学の筆記試験では「数理的スキル」、「論理的思考力」、「問題解決能力」から上記2を評価します。国語の筆記試験では、「読解力」、「思考力」、「表現力」から同2、3、4、5を評価します。英語の筆記試験では、「異文化理解」および「英語でのコミュニケーション能力」から同7の一部を評価します。
 二次試験では、「面接」「入学願書」「調査書」の内容から同1〜7を総合的に評価します。

 入学するまでに学んできてほしいこと
 高等学校等において以下を身につけていることが望まれます。