東京慈恵会医科大学 学術研究

医科教育研究活動
看護学科教育研究活動
総合医学研究センター
学術情報センター 図書館・標本館・写真室・史料室
教育センター
臨床研究支援センター
研究倫理推進センター
痛み脳科学センター
学術リポジトリ



倫理委員会
認定再生医療等委員会

お問い合せ サイトマップ トップページ

学術研究トップ > 研究倫理推進センター

研究倫理推進センター

 研究倫理推進センター長挨拶 
センター長
特命教授 橋本 和弘
 本学における降圧剤ディオバンの臨床試験、科研費に関わる不正事案に係る再発防止策として学長を最高管理責任者とした包括的な研究ガバナンス体制を構築することが提言され、2015年4月に本研究倫理推進センターと研究適正化特別委員会の2つの組織が設置されました。不正防止対策の学内横断的な体制を統括するセンターの実質的責任者として私がセンター長に任命され、具体的な対策を策定・実施する立場としてのコンプライアンス推進責任者に籾山俊彦教授(薬理学、教育研究助成委員長)、副コンプライアンス推進責任者に国領校の高田耕司教授、看護学科の梶井文子教授を任命し、研究支援課とともに組織横断的に活動を行っております。
 松藤千弥学長自らが力説されているように、研究のコンプライアンスは本学として取り組む最重要課題であることを認識し、推進体制を構築するために、下記図に示す各講座、部署からコンプライアンス推進委員を選出し、推進者としての責任、権限と役割を担うと共に、研究者にはFD(Faculty Development)を重ねることで本学一丸となって研究不正を防止して参ります。
 研究倫理推進センターは、1)研究費使用ガイドの周知活動、2)各種研修会の開催、3)納品研修担当者対象の研修、公的研究費に関係する研究者全職員を対象とした公的研究費申請・使用に係るFD及びコンプライアンス推進委員対象のコンプライアンス研修の実施、4)理解度テストの実施とそのフィードバック、5)各種研究経費使用説明会等、研究の不正防止に関わる多岐に渡る取り組みを主体的に実施しています。
 皆様のご支援とご協力を宜しくお願いたします。
 
 研究費に関する運営・管理体制

 
 研究主任者認定
  • 1) 研究主任者として認定された者でなければ公的研究費の申請・使用ができません。
  • 2) 主任研究者の認定要件は以下のとおりです。
    • ①常勤者
      • ・本学が開催する「公的研究費の申請・使用に係るFD」を受講して修了すること。
    • ②非常勤者および、その他、所属長の申請に基づき統括管理責任者および学長が許可した者。
      • ・本学が開催する「公的研究費の申請・使用に係るFD」を受講して修了すること。
      • ・公的研究費に内定後、現実的に研究実施が可能な環境にあるのか、コンプライアンス推進責任者もしくは副責任者が面談し、研究実施可と判断されること。
  • 3) 研究主任者の有効期間は、原則、当該年度の第1回FDの開催月の1日から1年間とする。
    上記、期間は受講したFD開催日に係わらず、全員一律で同様に取り扱う。
 
 公的研究費の管理・運営に係る構成員(範囲・義務と権限)
公的研究費の管理・運営に係る構成員は誓約書を提出し、本学が行う「公的研究費の適正な申請・使用に係るFD」を受講して修了しなければならない。
構成員の内訳は以下のとおり。
  • 1) 公的研究費の申請者(研究代表者)
  • 2) 公的研究費の研究分担者、連携研究者
  • 3) 公的研究費で雇用されている者(臨時研究職員(※注1)、ポスト・ドクトラルフェロー、助教(特任)
  • 4) 日本学術振興会特別研究員
  • 5) 大学院生(修士課程・博士課程)(※注2)
  • 6) 検収担当者(※注1)、研究支援課(財務部長含)、監査室、教育センター(職員)
  • 7) コンプライアンス推進員
  • 8) その他、学長および統括管理責任者が指定した者
  • 注1…ただし、臨時研究職員、検収担当者は、「公的研究に関するSD」を受講して修了することを条件とする。
  • 注2…大学院生は、カリキュラムで定められた倫理教育を受講することを条件とする。
 
 コンプライアンス推進員
各講座、研究所、研究部等からコンプライアンス推進員を選出・届出る。
届出に際して、コンプライアンス推進員の責任と権限について周知して同意を確認する。
コンプライアンス推進員は原則として所属長とする。
 

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.