■ 第三病院TOPページ

放射線部


2019年11月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:豊田 圭子

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 豊田 圭子

医師数 常勤6名、非常勤2名
診療放射線技師数 常勤26名(女性9名)

診療内容・専門分野

放射線部は3部門からなり、医師、診療放射線技師、看護師が協力して様々な検査・治療を行っています。


【画像診断部門】
一般単純撮影 X線TV検査 マンモグラフィ検査 超音波検査
CT検査 MRI検査 血管撮影検査 骨密度測定
【核医学部門】
核医学(アイソトープ)検査
【放射線治療部門】
放射線治療

特色


当科の診療は画像診断、核医学、放射線治療からなります。当科の医師は6名の放射線診断専門医と1名の放射線治療専門医がおり、各診療科と連携して診療を担当しております。また、病診連携の充実をはかっており院外医療機関からの画像診断依頼(主にCT、MRI、超音波検査、核医学)は、当院の医療連携室経由で受け付けております。地域医療の中核としての責務を果たすべく努めております。
画像診断部門
CT、MRI等の画像検査では、各診療科の依頼医の要望に応じて撮影方法(プロトコール)を決定し、診療放射線技師が撮像した画像に対し,放射線診断専門医が画像診断報告書を作成しております。なお検査、撮影と画像処理は診療放射線技師が行っております。
各診療科とは電話連絡、カンファレンスなどでも連携しており、密な連絡・意見交換・協力体制を心がけております。
IVR(Interventional Radiology 画像下治療)では、CTを用いて病変部位を確認しアプローチする生検法(CT下生検)やドレナージ(膿瘍,体内の液体貯留等)の非血管系IVR、血管撮影技術を用いた悪性腫瘍の治療・出血性病変の止血等の血管系IVRを施行しております。これらは各診療科から依頼されて施行しております。
核医学部門
CT,MRI検査等では得られない、脳血流、甲状腺機能、骨格、腫瘍および炎症性疾患の診断など臓器の機能画像を,放射線診断専門医が報告書を作成しています。撮影は診療放射線技師が行っております。
放射線治療部門
放射治療専門医が放射線を用いて悪性腫瘍の治療を行っております。治療計画、定期の診察と必要に応じた随時の診察を行っております。放射線照射と装置管理は専門の診療放射線技師が行っております。
主治医と協力してゾーフィゴやメタストロン投与による治療も行っております。


特殊検査・高度先進医療


特殊検査:超音波・CT・血管撮影手技を用いたNon-vascular およびvascular intervention(血管拡張術、ステント留置術、腫瘍塞栓術、膿瘍ドレナージ、生検など)を施行しています。


主な医療機器・設備


CT 装置 SOMATOM Definition AS+(128列) Siemens社製
SOMATOM Sensation40(40列) Siemens社製
MRI 装置 Explorer Newgrade 1.5T  GE社製
MAGNETOM Symphony 1.5T(TIM system) Siemens社製
RI 装置 Discovery NM 630 GE社製
US 装置 Aplio XG SSA-770A キャノン社製(2台)
Nemio SSA-680A キャノン社製
Aplio 300 キャノン社製
CT シミュレータ Aquilion LB キャノン社製
リニアック PRIMUS Mid-Energy 142-6745 キャノン社製
TV装置 SONIALVISION safire 17 Super 島津社製
骨密度測定装置 DCS-600EXV 日立社製
乳腺撮影装置 FDR MS-100 富士フイルム社製
血管撮影装置 INFX-8000V キャノン社製

患者数・症例数・生検数・手術数・診療成績等


[ 平成30年度検査件数 ]

CT検査 29,490件
MRI検査 11,800件
超音波検査 9,493件
核医学検査 2,000件
血管撮影検査 652件
単純撮影 68,227件
X線TV検査 1,489件
骨密度 793件

[ 平成30年度放射線治療実績 ]

放射線治療患者数 293名

救急・時間外診療の対応


救急・時間外診療は診療スタッフのオンコールにて対応しています。

専門医・認定医等 (平成31年4月1日現在)


専門医一覧
放射線診断専門医 6名
放射線治療専門医 1名
超音波指導医 1名
PET核医学認定医 4名
検診マンモグラフィー読影認定医 3名
乳癌検診超音波検査実施・判定医 1名
人間ドック学会認定医 1名


診療情報


東京慈恵会医科大学 放射線医学講座ホームページ

研究成果(LQモデルへの時間関数の導入)