■ 第三病院TOPページ

内視鏡部


平成27年4月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:池田 圭一

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 池田 圭一
診療医長 仲吉 隆
金山 はるか
非常勤診療医員 2名

診療内容・専門分野


内視鏡部は中央診療部の内視鏡部門を担当しており、日々消化管および呼吸器の内視鏡診断・治療に従事している部門です。
食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管疾患(癌、ポリープ、消化管出血、潰瘍、炎症性疾患など)、胆道・膵臓疾患などの消化器疾患(癌、胆石、黄疸、胆管炎・膵炎など)、呼吸器疾患を対象とし、最新の内視鏡機器(拡大内視鏡、超音波内視鏡、画像強調内視鏡NBIなど)を用いた高精度の内視鏡診断、高次内視鏡治療を行っています。また2014年1月からの電子カルテ導入と同時に、部門システムもすべて電子化して質の高い医療サービスを提供できる体制が整いました。


特色


「安全で確実、苦痛のない内視鏡」をモットーに、関係各科(内科・外科・放射線部・病理部など)と緊密に連携しながら内視鏡診療を行っています。
すべての内視鏡検査・治療は、鎮静剤・鎮痛剤を用いた意識下鎮静法を基本に施行しており、現在日本で実施可能な最先端の高次内視鏡治療を積極的に実施しています。
実施している内視鏡治療としては、早期消化管癌(食道癌、胃癌、大腸癌など)の根治的な内視鏡的切除術(EMR/ESD)、胆管結石の内視鏡的載石術(経口内視鏡による総胆管結石の治療)、閉塞性黄疸に対する内視鏡的ドレナージ術、消化管狭窄や食道アカラシアなど対する内視鏡的拡張術・ステント挿入術、経皮的胃瘻造設術(PEG)、消化性潰瘍や食道静脈瘤などからの消化管出血に対する内視鏡的止血術などがあります。胆膵内視鏡は当科が最も力を入れている分野であり、外科、消化器内科との緊密な連携のもと合同チームで診療にあたっています。内視鏡学会認定指導施設として常に高いレベルの診療が行えるような診療体制を整えています。


診療実績(平成26年)

★総内視鏡件数 7460件


1) 内視鏡検査内訳

上部消化管(食道・胃・十二指腸)内視鏡検査 4047件
うち医療連携FAX紹介 254件
下部(大腸・直腸)消化管内視鏡検査 2931件
上部消化管NBI拡大観察及び超音波内視鏡 270件
下部拡大観察及び消化管超音波内視鏡 20件
胆膵(膵臓・胆嚢・胆管)超音波内視鏡 155件

2) 内視鏡治療内訳
[上部消化管(食道・胃・十二指腸)領域]

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD、EMR)
内視鏡的食道静脈瘤硬化療法(EVL+EIS)
75件
72件
内視鏡的胃瘻造設術(PEG)・PEG交換 92件

[下部消化管(大腸・直腸)領域]

 内視鏡的粘膜切除術(EMR、ESD) 550件

[膵・胆道系(膵臓・胆嚢・胆管)領域]

ERCP関連手技(内視鏡的ドレナージ、内視鏡的載石術など) 327件
緊急内視鏡 344件

先進医療・臨床研究等の実績


(1) 胃GISTに対する単孔式腹腔鏡補助による内視鏡的全層切除術
(2) 小腸からの消化管出血が疑われる患者に対する新型カプセル内視鏡の有効性に関する研究
(3) 上部消化管用カプセル内視鏡システムの医学的有効性、安全性に関する研究 (H26年度より多施設共同医師主導臨床治験として開始予定)


専門外来


内視鏡検査・治療は月曜日〜土曜日毎日行っています。
中央診療部門のため、内視鏡部の専門外来は設置していません。消化器・肝臓内科、外科を受診していただき、内視鏡検査・治療の予約を行います。
上部消化管内視鏡(いわゆる胃カメラ)に限っては、かかりつけ医師から医療連携室を介して、FAXによる予約紹介システムを実施しています。


スタッフ紹介


  医師名 専門領域 資 格
診療部長 池田 圭一 消化器内視鏡診断・治療全般、
胆膵領域の内視鏡診断・治療、超音波内視鏡
消化器内視鏡学会 指導医
消化器内視鏡学会 評議員
消化管学会胃腸科 認定医
カプセル内視鏡学会 指導医
診療医長 仲吉 隆 消化器内視鏡診断・治療全般、拡大内視鏡、超音波内視鏡 消化器内視鏡学会 指導医
診療医長 金山 はるか 消化器内視鏡診断・治療全般、拡大内視鏡、超音波内視鏡 消化器内視鏡学会 指導医

救急・時間外診療の対応


緊急内視鏡に関しては24時間365日対応できるようオンコール体制を整えています。
内視鏡部が扱う救急疾患は、吐血(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道胃静脈瘤など)、下血(虚血性腸炎、直腸潰瘍、ポリープ切除後出血など)、消化管異物(魚骨、PTPなど)、閉塞性黄疸などです。それぞれ緊急性があると判断された場合は、救急部を介して緊急内視鏡ができるよう内視鏡部医師が待機しています。