■ 第三病院TOPページ

より安全な医療の推進のために


東京慈恵会医科大学附属4病院では、より安全な医療を推進するために、各病院に「セーフティマネジメント委員会」と「医療安全推進室」を組織し、“安全な医療の更なる推進”と“教職員一人ひとりの安全意識の向上”に努めています。


医療安全管理体制 組織図


医療安全管理体制 組織図

【安全管理体制の充実に向けて】


事例から学ぶ


1. 報告体制の充実
問題事例や問題に至らなかったが“ヒヤリ”、“ハット”した事例に遭遇した際は、医療安全推進室に発生した事柄や経過を報告する体制を整えています。これらはセーフティマネジメント委員会等で分析した結果を病院全体にフィードバックし改善につなげています。平成19年度より、パソコンによる報告システムを導入し、更にきめ細かい報告体制を整備しました。


2. 医療問題・事故の再発防止のための分析の取り組み
医療問題が発生した経過を逆にたどり「なぜなぜ・・・・」と背景や原因を検討し背後にある問題点を探るRoot Cause Anaaysis(RCA法)分析手法や医療従事者が経過から要因となる複数の事故分析する手法である。Process Oriented Anaiysis Method for Medical Incidets(POAM)共同研究を通じて、再発防止のための科学的な分析を行っています。


ルールの徹底


医療安全管理の基本方針と管理体制、重大事例発生時の報告体制、誤薬や転倒・転落をはじめとする具体的な医療事故防止策をまとめた「携帯版セーフティマネジメントマニュアル」を全ての教職員に配布し、臨床現場で活用しています。
また、新規採用職員や転入者及び未受講者、初期臨床研修医を対象に「セーフティマネジメント総論の講義」と「携帯版セーフティマネジメントの説明会」を定期的に開催し安全対策を徹底しています。院内での周知徹底には、医療安全管理情報等で情報提供しています。


安全管理体制の確認・徹底


医療現場の安全管理意識の向上と安全な医療の提供のために各種ラウンドを行っています。


1. 院内ラウンド
病棟、外来は勿論のこと、全ての部門を対象としてセーフティマネージャー、医療安全推進室担当者が赴き、医療安全に関わるルールの認知度と実践状況を確認、再発防止対策の徹底しています。

2. 附属病院間の相互ラウンド
附属4病院間の安全対策の現状把握、問題の明確化と自己点検意識の向上等を目的に「4病院相互ラウンド」を実施しています。
 
3. 私立医科大学病院間の相互ラウンド
私立医科大学の病院間で医療安全相互ラウンドを実施し、病院間を超えての安全管理につとめています。
安全な医療にご協力いただくために
リーフレットの運用について 日頃より取り組んでいる医療安全対策のポイントをまとめ、患者さんにご理解いただくと共に医療者に対して注意喚起し、より安全な医療を実践していくことを目的にリーフレットを作成し配布しています。


←画像をクリックすると、詳細な内容がご覧いただけます。

【リーフレット記載内容】
氏名確認にご協力ください
お薬の申告と持参のお願い
アレルギー予防にご協力ください
転倒・転落予防にご協力下さい
褥瘡(床づれ)予防にご協力ください
深部静脈血栓予防にご協力ください
感染対策にご協力ください
1)手洗い
2)咳エチケット
3)ご面会について
4)感染症発生時の対応について


【医療安全の推進に向けて】


教育・研修


医療安全の推進のための教育・研修活動を通じて、教職員のレベルアップを図っています。


1. 出席ポイント制度の導入
医療法施行規則には、「安全管理の体制確保のための職員研修は、年2回程度実施することが望ましい」とされています。附属4病院では全ての教職員を対象とした共通の出席ポイント制度を導入し、出席率の向上に努めています。業務等の都合により、出席できない教職員には、過去に開催した研修会等のDVDの貸出を行っています。


2. シンポジウム、セミナー、勉強会の開催

1)
2)
附属4病院合同セーフティマネジメントシンポジウムを定期的に開催しています。
チーム医療構築ワークショップ
大学全体の取り組みとして、全ての教職員と医学生、看護学生等を対象に、他職種間もコミュニケーションを通じて医療安全の質向上、患者安全の方策についてグループ討議する「チーム医療構築ワークショップ」を各病院にて継続的に開催しています。
3)

医療安全セミナー、勉強会等
医療安全に必要な知識の養成、医療機器の安全使用の徹底、新たな取決めの徹底や時事問題への対応等の目的に各病院独自のセミナーや勉強会を定期的に開催し、教職員のレベルアップを図っています。



医療安全推進週間


平成16年度より、大学全体での医療安全推進に向けた取り組みとして「医療安全推進週間」を毎年設けています。今年度は11月1日(火)から14日(月)にかけて、大学及び第三病院では下記の取り組みを行います。

大学および全附属病院共通の取り組み
1.みどりのリボンの着用
安全で安心な医療を推進するシンボル「みどりのリボン」を全ての教職員・関連スタッフ・学生が着用します。


【みどりのリボン】
私たちの身近に起こった医療事故を教訓として、医療安全の推進をはかるとともに、より質の高い医療を提供するために努力していく気持ちを示しています。


2.教職員を対象とした医療安全に関するシンポジウム・セミナーを開催します。
  *患者さんおよび本学関係者以外の方は受講できませんのでご了承ください。

   平成28年11月10日(木)   4病院合同セーフティマネジメントシンポジウム
   テーマ:「医療安全をシステムで保証する − 賢者の愚直」

第三病院の取り組み
1.各部門から募集した「医療安全に関する取り組み」のパネル展示発表
   「医療安全に関する取り組み」のパネル展示発表を行います。
2.病院幹部による医療安全院内ラウンドを行います。
3.医療安全に関わるセミナーの開催。(教職員対象)
  1)薬学部

    「処方オーダーのポイントと注意点について」「麻薬の取り扱い」

  2)臨床工学部

    心電図モニタの安全使用について
4.各部署におけるTeamSTEPPS活動の展開と活動内容の成果報告を行います。
5.【患者対象】手洗い体験コーナー「あなたの手はきれいですか?」
  感染管理認定看護師およびリンスナースの協力により、入院患者さんを中心に洗い残しの
  現状を知り、正しい手洗いの仕方を体験していただきます。
6.医薬品の安全使用の状況をチェックし、現状に合わせた業務手順書の改定に取り組みます。