■ 第三病院TOPページ

整形外科


平成26年4月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:大谷 卓也

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 大谷 卓也
医師数 常勤 9名


診療内容・専門分野


整形外科的疾患、障害、外傷の全般を取り扱っていますが、とくに専門性の高い診療を行う分野は以下のとおりです。

股関節疾患:変形性股関節症、大腿骨頭壊死、股関節唇損傷(インピン ジメント障害)などの成人股関節疾患や障害、および、先天性股関節脱 臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症などの小児股関節疾患に対し、高度 な専門的診療を行います。手術術式としては、人工股関節置換術、再置 換術、人工股関節のさまざまな合併症の治療などを行います。人工関節 を使用しない関節温存手術も積極的に行っており、大腿骨骨切り術、寛 骨臼回転骨切り術、臼蓋棚形成術、キアリ骨盤骨切り術、あるいは筋解 離術や股関節鏡などの低侵襲手術も含め、数多くの術式の中から最適の 治療法を選択して行います。
※詳細は慈恵医大形外科学講座のホームページ 股関節診療班のページをご覧下さい。

脊椎疾患:画像検査では、単純X線撮影のほか、CT、MRI、トモシンセスなどにより精度の高い診断を行っています。脊椎由来の神経痛やしびれに対しては、内服治療やブロック治療などの保存療法を十分に行いま す。保存療法を行っても症状が改善しない場合は手術治療を検討します。
また、側弯症の専門外来も行っています。
※詳細は慈恵医大形外科学講座のホームページ 脊椎診療班のページをご覧下さい。

膝関節疾患:変形性膝関節症や骨壊死に対し、高位脛骨骨切り術と人工膝関節置換術を使い分けています。当科では、出来る限り膝関節を温存する骨切り手術を選択したいと考えていますので、他施設で人工関節が必要と言われた方でもご相談下さい。また、スポーツ外傷では、関節鏡視下での膝関節前十字靱帯再建や半月板縫合術などを積極的に行っており、低侵襲での手術を心がけています。
※詳細は慈恵医大形外科学講座のホームページ 膝関節診療班のページをご覧下さい。

肘関節〜手の外科:肘関節周囲から手関節、手指における外傷(骨折や靭帯損傷)、外傷後変形・拘縮・偽関節などの機能障害、絞扼性神経障害、リウマチ、腫瘍など、肘関節〜手のあらゆる疾患、障害に対する治療や 機能再建を行っています。
※詳細は慈恵医大形外科学講座のホームページ 手の外科診療班のページをご覧下さい。


診療方針・特色


地域の医療機関と連携をとりながら、大学病院としての機能と役割を明確にし、質の高い医療を提供できるよう努力していきます。専門性をもった診療内容、手術術式についてはその質をさらに高めるとともに、より多くの患者様に治療を提供できるよう、改善を図っていきます。
スタッフが得意とする領域以外の疾患や障害で専門性の高い診療が必要と 思われる場合には、港区西新橋の大学本院の肩関節、スポーツ整形外科、足の外科、骨代謝、関節リウマチ、骨軟部腫瘍などの専門診療班と連携をとりながら、適切な診療の提供、提案を行うようにしていきます。


外来診療について


初診の外来受付時間は月曜〜土曜日の8時〜11時30分です。再診は予約制となっています。水曜日は手術日のため初診の方のみ受け付けています。
初診時にはなるべく近隣の医療機関からの紹介状をお持ち下さい。


入院診療について


入院病床定数は47床です。当科は基本的に急性期治療を主体としており、入院は手術治療を目的とする方が中心となりますが、状況により保存的治療のための短期の入院も検討します。

 

スタッフ紹介


医師名 専門領域
大谷 卓也(診療部長) 股関節外科、小児股関節外科
川口 泰彦(診療医員) 小児股関節外科、股関節外科
木田 吉城(診療医員) 脊椎外科
白  勝(診療医員) 膝関節外科、膝周囲スポーツ障害
前田 和洋(非常勤診療医員) 肘関節〜手の外科、関節リウマチ
三橋 真(診療医員) 肘関節〜手の外科
阿部 敏臣(診療医員) 整形外科一般、股関節外科
山元 駿(診療医員) 整形外科一般、脊椎外科、骨折、外傷
池田 淳(診療医員) 整形外科一般、骨折、外傷
米本 圭吾(診療医員) 整形外科一般、骨折、外傷

外来担当医表


第三病院 整形外科 外来担当医表

外来担当表にも各医師の専門領域が記載されていますので参考にして頂ければ幸いです。