■ 第三病院TOPページ

産婦人科


平成30年6月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:礒西 成治

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 礒西 成治
医員数 産婦人科専門医 10名
専門医 4名
研修医 1〜2名

診療内容・専門分野


診療部長: 礒西 成治

日本産婦人科学会専門医
日本臨床細胞学会専門医
日本婦人科腫瘍学会腫瘍専門医
日本がん治療認定医
日本医師会認定産業医 等

【診療内容】
産婦人科のスタッフは、現在14名(うち産婦人科専攻医4名)で構成されています。産科(正常妊娠・分娩、合併症妊娠、妊娠合併症)と婦人科(良性・悪性腫瘍、骨盤臓器脱)、内分泌・生殖と広く対応できるようになっております。産科部門では小児科・周辺の産科標榜医療機関と、また婦人科腫瘍については大学病院の特徴を活かし外科・泌尿器科・麻酔科・内科、時には精神科と連携を密にし、集学的治療を進めております。特に日進月歩のがん化学療法では婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構に参画し積極的に新治療を取り入れております。産科と婦人科、内分泌・生殖の診療ブースは第三病院の広いスペースを生かしてそれぞれに独立させ、プライパシーの保護に努めています。第三病院の立地条件(広い院内スペースと病室からの素晴らしい眺め)を生かし、治療中のQOLが高く維持されるようTender loving careの実践に努めたいと考えております。

【産科】
正常妊娠の妊娠・分娩管理はもちろんのこと、合併症を持つ妊婦さんも他科との連携の上、可能な限り受け入れる体制を整えております。また東京都周産期ネットワークグループの周産期連携病院としての重責を担っており、多摩地区周産期コーディネーターを通じ、周辺施設より積極的に母体搬送をお受けしています。
分娩制限は設けておりません。里帰り分娩も積極的に受け入れております。里帰り分娩をご希望される場合は妊娠20週までに分娩予約の受診、妊娠34週までに里帰りをして頂くことをお願いしております。分娩は自然分娩を基本としますが、計画的な無痛分娩も可能です。
通常の妊婦健診は医師のみでなく、助産師・看護師による保健指導・相談を行っております。また母親・両親・産後学級を開催し、妊娠中から産後にわたって皆様の疑問にお答えしております。

【婦人科】
良性腫瘍(卵巣のう腫・子宮腺筋症・子宮筋腫など)に対する手術では、下腹部を横に切開する慈恵医大の伝統的な樋口式横切割を実施し、適応例には腹腔鏡手術を積極的に行っております。 治療困難とされる子宮内膜症に対しては標準療法のみならず、それぞれの社会環境状況(Socioeconomic status; SES)に応じた対処を検討しております。
悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌など)に対しては、ガイドラインに基づく標準療法を基本とし、困難な場合には国内外の婦人科腫瘍グループと交信をとり最新のエピデンスに基づいた集学的治療を行っております。
多摩地区の高齢化に伴い増加している骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱癌・直腸癌など)に対しては、保存的・外科的根治手術を状況に応じて行っております。

【内分泌・生殖】
更年期障害に対しては、ホルモン療法・漢方等中心の治療を行っております。
平成29年から開設した不妊外来では、スクリーニング検査としてのホルモン検査、タイミング法・人工授精(AIH)といった一般不妊治療に対応しております。子宮卵管造影検査や配偶者の方の精液検査も行っております。卵巣腫瘍や子宮筋腫を合併している不妊症の方に対しては、腹腔鏡手術や子宮鏡手術を行うこともできます。

外来治療について


外来受付時間 月〜土曜日 午前8時〜11時30分まで
(特に予約のある場合はこの限りではありません。)
初診の方 他の医療機関からのFAXによる予約を受けています。紹介状の手続きについて
予約外の方もお受けいたしますが、お待たせします。ご了承下さい。
再診の方 原則として予約制をとっております。

患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


  • 1日外来平均患者数は約80人、病床(38床)です。
  • 年間分娩数は約270件で、帝王切開率は30%程度です。
  • 年間婦人科手術件数は約380件、そのうち良性腫瘍が約300件(腹腔鏡・子宮鏡手術80件含む)、悪性腫瘍が約80件です。
  • 平成29年の悪性腫瘍治療件数は、子宮頚がん22件、子宮体がん22件、卵巣・卵管・腹膜がん33件でした。悪性腫瘍に対しては手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っております。

救急・時間外診療の対応


夜間および休日も24時間365日対応し、救急患者さんの対応に当たっております。
かかりつけの患者さん以外の初診の方も状況に応じて診察いたしますので、受診希望の際は病院へご一報下さい。
なお、緊急対応等でやむをえない場合はお受けできないこともありますのでご了承下さい。


外来担当医表


第三病院 産婦人科 外来担当医表