■ 第三病院TOPページ

呼吸器内科


平成29年4月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:齋藤 桂介

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 齋藤 桂介
診療医長 竹田 宏
医師数 常勤 8名、非常勤 1名

結核病棟がリニューアルオープンいたしました


一時閉鎖しておりました結核病棟は、独立空調換気設備の設置、個室の増設、入院生活の質の改善などを目的とした施設の改築工事が終了し、再稼働いたしました。


 患者のみなさまへ  医療機関のみなさまへ

診療内容・専門分野


当科では、呼吸器疾患を有する方を対象に、患者本位の診療の実践を心がけています。
対象疾患としては、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、気管支喘息、肺癌、間質性肺炎、急性・慢性呼吸不全、呼吸器感染症(肺結核・非結核性抗酸菌症、肺真菌症、肺炎・気道感染症)、肉芽腫性肺疾患(サルコイドーシス、過敏性肺炎など)など、呼吸器疾患全般にわたり幅広く診療を行っています。
検査および治療としては、マルチスライスCT、ダイナミック MRIなどを応用した画像診断、気管支内視鏡による診断・治療、急性期の人工呼吸管理や慢性期の在宅酸素療法などの呼吸管理、抗癌化学療法、気道感染症・肺炎・肺結核などに対する抗菌化学療法などを実施しています。 さらに上記の診療とともに、大学附属病院の使命として、一般内科を基盤に置いた呼吸器専門医師の育成、呼吸器病学の発展に寄与する研究をめざしています。


特色


1. 日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本集中治療医学会の認定施設
2. 身体障害者福祉法指定医(呼吸器機能障害)の常勤
3. 東京都結核指定医療機関(結核予防法による公費負担患者の医療を担当する機関)
〈結核病床27床〉、東京都結核緊急医療ネットワーク協力施設
4. 呼吸療法士(臨床工学部)と連携した呼吸療法の実施
(機械的人工呼吸療法 、非侵襲的陽圧呼吸療法、在宅酸素療法など)
5. 麻酔部、循環器内科と連携した重症呼吸不全例の集中治療部管理
6. 狛江市医師会肺癌検診連携、狛江消防署救急隊訓練協力、調布市社会福祉協議会主催患者勉強会協力などを含む地域連携

特殊検査・先進医療


[ 研究 ]

1. 肺抗酸菌症の画像診断・血清マーカー診断
2. 呼吸器感染症の薬物療法
3. 真菌症の免疫応答 など

主な医療機器・設備


マルチスライスCT装置、MRI装置
気管支内視鏡(ファイバースコープ、電子スコープ)


患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


当科病床定数 一般病床 33床
結核病床 27床
年間外来患者数 13,367人
年間新入院患者数 684人
年間延入院患者数 16,362人
1日平均入院患者数 45人
紹介率 約57.5%

専門外来


(月)〜(土)呼吸器内科医師が担当致します。


救急・時間外診療の対応


呼吸器の救急/時間外診療は24時間体制で救急部にて内科輪番救急当番医が対応し、当番の呼吸器スタッフに連絡されます。