■ 柏病院TOPページ

輸血部



平成29年4月現在
前に戻る

photo

診療部長:増岡 秀一

診療スタッフ
診療部長 増岡 秀一
医師数 常勤1名

輸血部の紹介


輸血部は、慈恵医大附属病院に1963年に創設された診療部で、慈恵医大柏病院ではもともとは中央検査部の一部門でしたが、2004年4月に創設されました。輸血用血液の管理などを行っております。


診療内容・専門部門


輸血用血液の保管管理、輸血関連検査(血液型の判定など)、輸血全般の管理(安全管理や適正に行われているかについてなど)、輸血を受けた患者の副作用管理、自己血輸血などを行なっています。近年は、実際の製剤の管理は薬剤部で行われていますが、血液を材料とするアルブミン、グロブリンなど血液製剤の管理も業務の一部となってきています。

先進(高度)医療


輸血療法とは、血液の成分あるいは機能が低下して臨床上問題となる場合、人体由来の成分(治療用血液)を投与して改善を図る治療です。安全で有効な輸血療法を行なうため、輸血を必要としている科のサポートをしているのが輸血部です。


[輸血管理]

日本赤十字血液より供給される血液は極めて安全ですが、その特徴から(特に人体由来であることから)一定のリスクはどうしても伴います。常勤医1名、認定輸血検査技師を含む臨床検査技師4名と夜間は中央検査部の協力を受け、24時間体制で管理を行い、安全な輸血を緊急時でも行なえるように努めております。


[適正輸血]

輸血の適応にはガイドラインがありますが、出血量の不明な外傷など、輸血を行なうべきかの評価が困難な場合も多々あります。主治医が心配だからつい過剰ぎみに輸血を行なってしまうことなどがないように、各診療科に対して輸血に関する監査を定期的に行なって指導しております。インフォームド・コンセントの有無などについても監査項目に入れ、安全で有効な輸血が行なわれるように心がけております。


スタッフ紹介


<診療部長の略歴>

増岡 秀一 (腫瘍・血液内科兼任)
昭和59年  東京慈恵会医科大学 卒業
昭和61年 東京慈恵会医科大学 医員
昭和61年 東京慈恵会医科大学 助手
平成8年 医学博士
平成11年 東京慈恵会医科大学附属柏病院 内科診療医長
平成15年 東京慈恵会医科大学講師
平成16年 東京慈恵会医科大学附属柏病院 輸血部診療部長

<主な研究テーマ>

血液製剤の適正使用


<学会資格>

学会名及び資格名
日本内科学会 総合内科専門医、指導医
日本血液学会 血液専門医、指導医
日本輸血・細胞治療学会 認定医

輸血使用量(平成28年度)


輸血使用量 平成28年度
赤血球輸血 12,629単位
新鮮凍結血漿 4,803単位
血小板 31,935単位


▲このページのTOPへ