■ 柏病院TOPページ

ご挨拶


皆様には、平素より慈恵医大柏病院をご支援頂き厚く御礼申し上げます。当院は、患者さんや御家族から信頼され続ける病院であることを目標に日々研鑚しています。
慈恵医大は、1881年に学祖・高木兼寛先生が開設した、成医会講習所を起源としています。そして、『病気を診ずして 病人を診よ』という建学の精神のもと、患者さんの視点に立った全人的医療、患者さん中心の「説明と同意」に基づいた質の高い医療の提供を追求しています。
慈恵医大柏病院は、1987年4月に千葉県柏市より、大学病院誘致の要請を受け開設しました。柏市、松戸市、流山市、我孫子市、野田市からなる人口130万人以上を有する東葛北部医療圏とその周辺地域に貢献する基幹病院です。地域住民に対する急性期医療を実践し、大学病院として先進医療を追求することを本分とし、教育を通じて優れた医療人を育成することも重要な役割と考えております。 当院は、特定機能病院(大学病院本院)に準じる高い診療機能を評価され、全国に155しかない、DPC特定病院群に分類されています。そして、『慈恵の心とともに、急性期医療を推進し、地域に貢献する大学病院』です。664床を有しており、29の診療科と12の中央診療部門を持ち、1,300人以上のスタッフが勤務しています。毎日平均1,550人の外来患者さんを受け入れ、年間約8,000件の手術を実施し、2,200件の新規がん患者さんを登録、8,200人の救急患者さん、4,800台の救急車を受け入れています。
これまでに公益財団法人日本医療評価機構による病院機能評価、災害拠点病院、東葛北部地域難病相談支援センター、地域がん診療連携拠点病院、救命救急センター、エイズ治療拠点病院、千葉県地域医療支援病院の指定を受け、多種多様な役割を担う大学病院に変革を遂げてきました。ここ数年にわたる、病院メインエントランスの改築、外来棟や管理棟の建設、新病棟や外来手術センターの開設、電子カルテ導入などの大規模な整備工事の結果、病院機能も格段と向上しました。更には新規CT装置の造設、高精度放射線治療装置の導入が計画されており、絶え間ない進歩を続けます
慈恵医大柏病院は、自らの役割を果たすとともに、地域医療機関との機能的な医療連携を推進し、有機的なネットワーク構築を行うことによる、地域への良質な医療の提供を目指しております。
当院の最大の強みは人とチーム力です。全員で力を合わせ、法令順守・医療安全に務め、一人でも多くの患者さんに笑顔をもたらすように、病院スタッフ一同、一層の努力をしてまいります。今後とも宜しくお願いいたします。
平成31年1月1日
院長 秋葉 直志

〒277-8567 千葉県柏市柏下163番地1
TEL 04-7164-1111(大代表)
病院長:秋葉 直志