■ 柏病院TOPページ

ご挨拶


皆様には、日頃より当院をご支援いただき厚く御礼申し上げます。
平成26年4月より院長に就任いたしました。今後とも宜しくお願いします。

慈恵医大柏病院のビジョンは、 “患者を診る、慈恵の心とともに急性期医療を推進し、地域医療に貢献する大学病院” です。すなわち、患者中心の「説明と同意」に基づいた快適な医療環境、安全で質の高い医療を実践し、地域の基幹病院としての役割を果たし、最新の医療を提供する大学病院として診療、研究、教育の機能を充実させ、優れた医療人を育成することにより地域医療に貢献し、患者さんや御家族から信頼される病院を目指しており、これらの理念に基づき病院運営が行われています。
良質な医療を実践するためには良識を踏まえた全人的な医療が必要不可欠です。診療科や職種間を超えたチーム医療を強化し、職員一同患者さんとのコミュニケーションを大切につとめてまいります。

さて、当院は昭和62年4月、千葉県柏市の手賀沼を望む緑豊かな地に開設された東京慈恵会医科大学の附属病院です。災害拠点病院、東葛北部地域難病相談・支援センター、地域がん診療連携拠点病院、救命救急センターに指定されています。また、DMAT(災害派遣医療チーム)指定医療機関の指定を受け、災害時には周辺地域および被災地域での医療に貢献すべく体制整備を行っております。

また、昨年日本医療機能評価機構による新たな枠組みの機能評価(一般病院2 3rdG:Ver.1.0)を全国の大学附属病院として初めて受審し、認定されました。
新たな評価項目体系では、患者中心の医療が重点的に評価されます。当院は、患者さん・ご家族が立ち寄りやすいオープンな “患者支援・医療連携センター” で医療連携、入院調整、福祉相談、入院前アセスメント、診療・退院支援を行っています。評価機構から『このシステムは患者さんひとりひとりの状況に合わせた、質の高い医療・看護を提供することを目的として、受診から退院まで、そして退院後の生活を含めて総合的な地域完結型の支援機能を発揮しており大学病院 として特筆すべき取り組みである』と高く評価していただきました

東葛北部医療圏の病床不足解消の為、県から40床の増床が認められました。
平成25年7月、そのうち救命救急センターに3床を開設いたしました。平成25年9月より会議室、医局などが入るD棟の新築、院内改修、外来増築・改築工事を開始し、平成27年4月に完成し、664床になる予定です。工事期間中は診療には影響の出ないよう万全な体制で臨む所存でございます。

地域医療における機能分担と連携は近隣の医療機関の先生方との信頼関係に立ったネットワーク構築が重要と考えております。不備な点がまだまだ多くあると思います。ご意見、ご要望等がありましたら遠慮なくご指摘いただき、連携を盤石にすることに役立てて行きたいと思います。

平成26年4月1日
院長 東條 克能

〒277-8567 千葉県柏市柏下163番地1
TEL 04-7164-1111(大代表)

病院長:東條 克能