■ 柏病院TOPページ

感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)


前に戻る

院内感染対策に関する基本方針


 医療の急速な進歩により、医療行為がますます複雑多岐となっている現在、院内感染対策は医療安全管理の大きな要素であり、医療の質に値する重要な問題となっています。東京慈恵会医科大学附属柏病院における院内感染対策は、
1.院内感染から患者を守り質の高い医療を提供すること
2.病院で働く全ての教職員を職業感染から守ること
を目的とし、標準予防策(スタンダードプリコ−ション)の遵守および科学的根拠に基づく対策の実践に向けて病院全体で取り組むことを基本方針としております。

感染制御チームの構成員と活動内容


 感染制御チームは病院長直属の組織として位置付けられ、感染症や感染対策に関する専門知識を有する医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務員で構成されています。院内感染に関する監視、調査、および評価を行うとともに、各部署における具体的な感染防止対策の実践を推進する感染対策における実動組織です。
主な活動内容は以下のとおりです。
  • 感染症発生時の対応
  • 院内における感染症の発生状況、病原体検出状況などに関するデータ収集、分析、報告
  • 院内ラウンドによる監視、指導
  • 感染対策に関するマニュアルの作成や広報活動
  • 感染症、感染対策に関する教育、研修会の開催
  • 保健所および地域医療施設との連携

▲このページのTOPへ