■ 柏病院TOPページ

看護部


photo

看護部長:柳澤 美津代

看護職員募集ページはこちら
柏病院看護部へようこそ!

■ 看護部の理念


建学の精神「病気を診ずして病人を診よ」を基盤に、看護とはF・ナイチンゲールがいう「生命力の消耗を最小にするよう生活過程を整える事」と捉え、患者さんをひとりの人間として尊重し、相手の立場に立った患者さん主体の看護を提供します。
私達は、専門職としてより質の高い看護を目指して自己研鑽に努め、医療・看護の発展に貢献します。


看護部の基本方針


  • 命を守り、生き生きとその人らしく生活できる看護を実践します
  • 個人の尊厳を守り、相手の意思を尊重した責任ある行動をとります
  • 患者さん・ご家族が納得できる医療が受けられるよう、医療チームの調整役となります
  • 地域の看護職との連携・協働に努め、地域医療の質向上に貢献します
  • 将来ともに働く仲間を育てる心で看護学生・医学生・他職種の学生教育に力を注ぎます
  • 活気ある職場作りに主体的に取り組みながら自己のキャリアアップに励みます

看護部のビジョン


<専門性と慈しみの心をもった看護実践により地域医療に貢献する>
慈恵医大柏病院が急性期医療、がん医療、高度医療の機能を持ちつつ、地域に貢献できる病院であるためには、看護の専門性を高め、患者さんの思いに近づいてケアができる組織に成長していきたいと考えています。
現在看護部では、ナイチンゲール看護を理論基盤として、ベッドサイドで三重の関心(知的関心・人間的関心・技術的関心)を注ぎながら、患者さんの回復過程を促進する看護の実践に取り組んでいます。地域の皆様との様々な交流を大切にしていきたいと考えておりますので、ご指導・ご支援をお願い致します。


総合的な看護サービス


  • 外来正面玄関に病院コンシェルジュとして看護師が案内・医療に関する相談を行っておりますので、おかかりになりたい診療科や健康に関する事などをご相談ください。
  • 診察を受けられる患者さんには、これからの治療や看護の参考にさせていただくために問診票の記載をお願いしております。ご協力をお願いいたします。
  • 緩和ケア・がん相談・感染管理・褥瘡対策については、専従看護師が担当しており、患者さん・ご家族、また地域の医療関係者のご相談・問い合わせにお応えいたします。外来・病棟看護師に声をおかけ下さい。
  • 在宅療養支援室看護師が患者さんの情報をもとに入院中に病棟に伺い、退院に向けての相談・支援・指導などを行っております。また、退院後も外来で継続して療養生活の相談や指導を行っておりますので、相談内容によってはソーシャルワーカーなど関連職種と協力してご相談に応じています。

相談・学習会の開催


ストーマ外来
ストーマ造設後は、排泄を我慢したり排泄物を貯めるという機能がなくなるため、排泄物を受け止める装具を装着し、定期的に交換しながら生活します。ストーマ外来は医師、皮膚・排泄ケア認定看護師が担当し、ストーマを造設された方が退院後も安心して快適に生活できるよう、ストーマや周囲皮膚の評価、装具の相談、日常生活上のアドバイスなどを行っています。完全予約制です。


患者支援・医療連携センター
患者支援・医療連携センターでは、入院中の患者さんが自宅でも引き続き医療処置が必要な時に、病棟の看護師と一緒に在宅での点滴の接続の仕方・経管栄養の注入指導・医療器械の使い方・吸引の仕方などを患者さんやご家族の方に向けて指導を行い、自宅へ帰ってから安心して過ごせるようサポートしています。


腎臓病教室
透析導入になる前の保存期の患者さんに対して看護師が、腎臓の働きや透析療法(血液透析・腹膜透析)の指導を行っています。透析導入前の患者さんが自分の生活スタイルに合わせて、血液透析・腹膜透析のいずれかを選択され、透析導入前の身体と心の準備ができるようにして います。一人1時間の予約制で、月曜日と金曜日の午後行っています。


糖尿病教室
糖尿病の患者さんを対象に、毎週月・火・木・金・土の午後3時〜4時まで勉強会を開催しています。6回を1クールとして、食事療法・運動療法と自己管理・合併症・インスリンと血糖降下剤・検査などについて医師・看護師・薬剤師・栄養士・検査技師がチームで指導・相談にあたります。


糖尿病療養支援(糖尿病療養指導士・糖尿病看護認定看護師)
糖尿病の患者さんが療養生活で疑問や問題を解決して療養継続できるための相談の場として糖尿病看護認定看護師・糖尿病療養指導士が、糖尿病療養支援を行っています。糖尿病患者はセルフケアを継続しながら療養生活を送っています。医療者とパートナーシップを保ちつつ、療養生活を送れるようサポートする場として活用していただきたいと思います。


母親学級(両親学級)
産科外来通院の妊婦さんを対象に、助産師・医師・栄養士にて第1・第2週の金曜日と第3週の土曜日の午後に、計3回開催しております。 妊娠によって起こる身体の変化や、赤ちゃんの成長、お産や育児のこと、母乳のことなど様々なご相談を受けるとともに、予定日が近い妊婦さんたちとの交流の場になっています。 また、第3土曜日は夫婦そろっての参加も多く、夫婦力を合わせてのお産・育児を目指しています。



助産師外来
妊娠中期(28〜32週頃)と妊娠後期(36〜38週頃)に1回ずつ妊婦検診を助産師が担当します。通常の検診に加え、妊娠中の生活指導やお産・母乳育児に向けた個別指導を行い、実際に母乳の手入れ方法のアドバイスもしています。病棟の助産師が担当することで、妊娠期から育児にかけて継続的な関わりをもち、安心できるお産をお手伝いさせていただいています。


母乳外来
当院は母乳育児を支援しています。退院後1〜2週間でママと赤ちゃんに来院していただき、赤ちゃんの順調な体重増加や乳房トラブルがないかを確認するとともに、家庭での育児の様子を伺いアドバイスを行っています。(退院時に混合授乳だった方も、母乳外来を受けることで完全母乳になる方も多くいらっしゃいます。)


地域がん診療連携拠点病院としての看護部の取り組み


<がん患者さん・ご家族の安全・安心・安楽のために力を尽くすナースたち>

看護師の役割は、医師や薬剤師、臨床心理士など様々な職種の方達と連携を図りながら、がん患者さんとその家族が安心して治療や生活ができるようにサポートすることです。 がん相談支援センターでは、がんセンターで教育を受けた看護師が相談員として常駐し、「がんの疑いといわれたが不安」「診断や治療についてもっと知りたい」等、がんに関するあらゆる相談に応じています。
外来化学療法室には、がん化学療法認定看護師を中心に専従の看護師を配置し、がんと共に生きることをサポートしています。
緩和ケアチーム看護師は、がんと診断された時から患者さんやその家族が抱える心やからだの痛みを緩和するために、院内やこの地域の緩和医療体制の標準化を目指しています。それぞれの看護師が、チーム医療が円滑に進むように包括的に活動することで、質の高いがん看護が提供できるよう活動しています。



地域と慈恵柏病院看護部との連携


  • 地域の看護職の方、医療従事者の方に対し認定看護師オープン講座を開催しております。
    ※認定看護師オープン講座開催スケジュールをご参照下さい
  • 地域の在宅医療関係者との退院調整検討会を定期的に院内で開催し、在宅療養への移行が困難な事例を話し合っています。また、年2回柏近隣の在宅医療関係者との顔の見える連携を図る目的で懇談会を開催しております。窓口は、患者支援・医療連携センターになっております。
  • 救命連鎖の輪を慈恵から地域へ 〜救命技術指導〜

    救急部医師と看護部で協力して定期的に救命技術指導を開催し医師、看護師、コ・メディカルスタッフへの教育、医療レベルの向上を目指しています。社会全体でも心肺停止患者の救命処置が注目されている中で、地域で迅速な救命処置が実施され、心肺停止から自己心拍が再開し、社会復帰できるケースが増えています。 『救命の連鎖』の1つ目の輪は早期の迅速な通報です。
    2つ目の輪は早期の心肺蘇生法、3つ目の輪は早期の迅速な除細動、そして4つ目の輪が迅速な病院搬送と二次救命処置になります。高度な医療で4つ目の輪を充実させても救命につながらないため、1つ目から4つ目までの救命連鎖の輪をつなげることが重要です。  救命技術講習会などを通じて、地域・近隣の施設の方々と『救命連鎖の輪』をひろげていきたいと感じ ております。

近隣の医療従事者を対象とした教育講座


<FISH!研修>
近隣の病院からのご要望で「FISH!哲学」についての講演や、慈恵柏病院「FISH!見学」を行っています。


▲このページのTOPへ