■ 柏病院TOPページ

リウマチ・膠原病内科



平成24年10月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

診療フロア

診療内容・専門分野


慢性関節リウマチ
多発性筋炎皮膚筋炎
シェーグレン症候群
その他の膠原病
全身性エリテマトーデス
不明熱

特色


リウマチ・膠原病では、関節病変ばかりでなく、多臓器にわたる全身的な病変が問題になsりますので、当診療科では他診療科(整形外科、皮膚科、眼科、腎臓内科、呼吸器内科、神経内科など)の協力が特に重要であり、主治医グループが中心となって全身を総合的に把握して診断・治療を進めていくことを特色としております。


先進(高度)医療


  • 膠原病の難治病変に対する免疫抑制薬(シクロフォスファミド・パルス療法、シクロスポリン、メトトレキサート療法)の適応と効果について
  • 慢性関節リウマチにおける抗リウマチ薬(DMARD)の適正使用およびその作用機序について
  • 抗サイトカイン療法など生物製剤による治療の治験と開発
  • 膠原病における免疫異常と細胞内伝達機構に関する研究
  • 膠原病におけるテロメア・テロメラーゼ活性に関する研究

▲このページのTOPへ