■ 葛飾医療センターTOP

臨床工学部


photo

臨床工学部技士長:
石井 宣大

臨床工学部は、医療機器保守管理(中央管理機器、手術部機器、集中治療部機器、血液浄化部機器等)及び、関連学会認定取得者(人工呼吸療法認定、透析技術認定等)を主に臨床技術提供行い、チーム医療の一員として、医師・看護師等と共に安全で質の高い効果的な医療の実践に努めております。
また、医療機器の安全管理体制の強化充実にむけ、「医療機器安全管理責任者(改正医療法平成19年4月)」のもと医療機器安全管理委員会を主管し、安全管理の実践を行っております。


医療機器安全管理体制


医療機器の安全管理の実践には「医療機器安全管理規則」を定め、医療機器毎に管理部署を定め、適正に実施することで、保守管理、研修、関連情報の収集と周知等、安全管理の維持強化を行っております。また、医療機器の保守管理計画、実施管理にはSaaS型機器管理システムを導入し、機器毎の詳細な実施計画及び結果管理、また統括的管理を可能としています。


〈医療機器安全管理体制〉


医療機器安全管理体制

〈医療機器の安全使用に向けた主な研修項目〉


研修項目 (定期開催) 対象者
人工呼吸器の適正使用(基礎・応用編) 教職員全般 (研修医を含む)
生体情報モニタの適正使用 教職員全般 (研修医を含む)
輸液・シリンジポンプの適正使用 教職員全般 (研修医を含む)
除細動器の適正使用 教職員全般 (研修医を含む)
パルスオキシメータの適正使用 教職員全般 (研修医を含む)
DVT予防と装置の適正使用 教職員全般 (研修医を含む)